TOP > 国際 > マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧 | 岩本沙弓 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧 | 岩本沙弓 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

23コメント 登録日時:2016-02-09 13:17 | ニューズウィークキャッシュ

現場主義の経済学ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

ツイッターのコメント(23)

【必読】 
⭐経済学とか分からない…の方も読める⭐

リフレ派を撃破できる凄いミニ論文❗➡ 😺QT @massigra_neko: マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧|岩本沙弓|ニューズウィーク日本版
これは素晴らしい記事。
| コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
とてもわかりやすい記事です。マイナス金利の復習にどうぞ。
マイナス金利は実態経済の弱さを隠す厚化粧
「政策決定の中枢に、あるいはそこに近しい方々こそが事実を事実として認めなければ次のステップに日本が進めないと考えるからです」まさに。
激しく迂遠な言い回しw >
“高級なリキッド・ファンデーションをこれでもかと使ってきたのが量的緩和(市場の流動性を指すliquidityとliquidは同じ語源です)”阿呆なのか / “ | コラム&ブ…”
政策を変更するならきちんと説明しろ、といういかにもまっとうな話→
安倍政権下での日銀の金融政策について、導入部分では女性の視点からメイクアップに喩えて分かりやすく解説してくれています。岩本沙弓氏「マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧」(2016年2月9日付)→
《適当な貸出先が見つからなければ金利が付いてなくても[銀行が日銀に持つ]当座預金の残高は増えるということです。」
黒田氏、身体を壊す前に辞めたほうがいいともうけどな。:
非常に分かりやすい解説です。
適当な貸出先が見つからなければ、金利が付いてなくても日銀当座預金の残高は増える。需要があれば貸出しも投資も放っておいても沸いてくる。岩本沙弓さんのコラム。  
金融政策で出来ることは限られているとの謙虚な原点に立ち返ることが必要。
「プロの鉄火場」という言葉には胸躍るものがあるねえw
手は出さんけどー
日銀総裁自身が資本主義の何たるや、をわかってないのかもしれん
すでに世界は経済成長しないフェーズに突入している
「マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧|岩本沙弓|ニューズウィーク日本版」 私が社会人になってから間もなく満20年。低金利時代の歴史と同じ。つまりは、この20年の間に、効果ある経済政策は何一つ行なわれてないってことだよね。
マイナス金利のイメージわかない人に語られても、困っちゃうんだけどなぁ(^◇^;)
マイナス900円、、、:
EUが3年やって効果がないことを実証した政策を道化よろしく無理やり踊らされる羽目になりました。
銀行出身者の言い分(¬_¬)❓→
【日本経済】マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧……貸出し増加が伸びないのは国内に資金ニーズそのものがないことが要因 by 岩本沙弓|ニューズウィーク日本版ウェブ
以上

記事本文: マイナス金利は実体経済の弱さを隠す厚化粧 | 岩本沙弓 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

いま話題の記事