TOP > 海外ニュース > ニューズウィーク日本版 > ファーウェイ機器...

ファーウェイ機器にマルウェアを仕込みたい──それは中国政府が抗し難い誘惑 | グレン・カール | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

21コメント 登録日時:2019-02-09 14:40 | ニューズウィーク日本版キャッシュ

CIAが視る世界ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコンテンツを毎週お届けしています。...

Twitterのコメント(21)

ファーウェイ機器にマルウェアを仕込みたい─それは中国政府が抗し難い誘惑
トランプ政権の関税引き上げは悪手だが、他国の情報機関に対して警戒を怠るべきではない。米国司法当局は大した根拠もなく孟と華為を起訴した訳ではない。
"孟の逮捕は、過去40年間の米中関係の歴史ではほぼ前例がなかったことだ。米政府は、中国が貿易ルールをないがしろにすることを許さないと決めたように見える。"
これまでの中国の繁栄を支えていた、「中国の特色ある資本主義経済」というシステムの変革が求められているんですよね…
「ファーウェイ機器にマルウェアを仕込みたい」それは中国政府の抗し難い誘惑」Newsweek

「アメリカ司法当局は根拠もなく孟とファーウェイを起訴したわけではない。容疑を裏付ける証拠の電子メールや通話記録、写真などが多数ある」
まぁこれが現実だろうと思う。
本質は中国政府の動向でありHuaweiは社益を優先するためマルウェアなど入れたくは無いはず。
警戒する事を否定はしないが、今Huaweiを叩いている人は、噂や偏った情報に踊らされていると思う。
中国性のスマホやPCにはスパイウェアやRATがバンドルされてる話を良く聞きます
中国が言うには主に国内向けとのことですが🤔
これらは巧妙に細工され対策ソフトで検出できないものもあります

ハーウェイの問題ではなく、中国性電子機器の問題と考えた方が良さそうです
中国を信じることができないのは、アメリカを信じられないのと同じ。OSにバックドアを仕掛けろと要求しいていた米政府が、どの口で言うかと。

米司法当局は大した根拠もなく孟とファーウェイを起訴しない。容疑を裏付ける証拠の電子メールや通話記録、写真等が多数ある。中国は国家情報法がある。
これはきょーみぶかい記事。そしてこれを分かってないのが日本政府
書いてる人が凄い
米国にとって国益第一とすれば、ファーウェイ排斥は当然の帰結‼️そもそも貿易行為も国益の為に行うのであり、国益と言う大きな土俵では、貿易や経済もその土俵の中の一部だ(大きな主役ではあるが)‼️
平和ボケした日本に対する警告のような記事だ
中国政府がやりたいなら会社のシステムを中国政府がハッキングするしか実現する方法はない。いくら本政府関係者や軍関係者であったも、個人になれば政府よりも家族を選ぶのが中国人の特性だからね。
この記事にあるように「他者より優位に立つチャンスは逃さない」となれば、中国政府が「ファーウェイ機器に仕掛けをしたい」と考えないとは思えないですね、残念ながら。。。良い週末をお過ごしください。
中国政府やHuaweiに対する懸念はもっともかも。でも、ある人がGoogle脱却を試みて大変だったとか。
もうGAFA等の縛りを抜きにネット社会は成り立たない。すべてデータは管理されているのが実態だ。アメリカの懸念も根拠があるのだ。
そういうことをまず理解したい。
「ファーウェイ機器」を「グーグル機器」に、「中国」を「アメリカ」に置き換えたら、そのまんま"
仕込みたい では無く
仕込んでいる‼️ だろ
「トロイの木馬を自社製品に仕込む」って表現おかしくない?
アレって便利なアプリケーションとしてユーザーがインストールしたけど実は中身は情報抜き取るためのヤツでしたっていう、対象は無差別的なモノでしょ?
普通に「ウイルス仕込む」で良くない?
ニューズウィークって李小牧のコラムとか載せててアホかなと思ったけど、たまにはまともな記事載せるんだな。
「フランスの大統領を務めたシャルル・ドゴールは、こう述べたことがある――「フランスに友人は存在しない。あるのは国益のみ」
その通り。隣人だから仲良くは偽善
| グレン・カール | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャル
ファーウェイ機器にマルウェアを仕込みたい──それは中国政府が抗し難い誘惑……トランプ政権の関税引き上げは悪手だが他国の情報機関に対して警戒を怠るべきではない(グレン・カール、元CIA工作員)

#ファーウェイ #米中関係 #中国共産党 #テクノロジー
以上

記事本文: ファーウェイ機器にマルウェアを仕込みたい──それは中国政府が抗し難い誘惑 | グレン・カール | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

関連記事