TOP > 国際 > 原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞  | 藤崎剛人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞  | 藤崎剛人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

現代ニホン主義の精神史的状況ニューズウィーク日本版オフィシャルサイトはNewsweekの米国版と国際版からの翻訳記事と日本オリジナル記事編集されるニューズウィーク日本版本誌の内容とサイトオリジナルのコ...

ツイッターのコメント(180)

濃度を薄めて放出すると言っているが、隠蔽や嘘だらけの不誠実な政府と東電を、そもそも信用できる筈もない。実はトリチウムは、体内に取り込まれるとヘリウムに変化してDNA細胞を傷つけるリスクもある。
除去出来ないのはトリチウム「だけじゃない」
「科学の政治利用」をまるで悪いことのように言ってる時点で、ぜんぜんだめだよこの記事。

この問題がトリチウム水の安全の問題のみと考えるのは、ただの矮小化。震災以来一貫した東電の欺瞞的体質こそが問われるべき。
やりそう。
『また、「規制基準」をクリアする方法を、「2次処理や希釈」と表現しており、二次処理を経ずとも希釈により基準値を下回ればそれでOKとしているとも解釈できる。』
一番の問題は「信用」というか「信頼」なんだ。まず人を変えて公明正大にやって、信頼を確立してほしい。
「日本政府・東電は、事故の処理について、幾度も無責任な約束をしては、隠蔽・ごまかし・裏切りを重ねてきた。」
「問題になっているのは、「処理水」の科学的安全性ではなく、信頼できない政府・東電の体質なのだ。」

「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞
<「希釈すれば平気」とか「海外でもやっている」という嘘もさることながら、既成事実をつくって反対や疑念の声を押しつぶすやり口をはこれ以上許してはならない>
安全なのに、捨てたらもったいない。ペットボトルに入れてアベノマスクみたいに全国民に一本ずつ配れ!
やっぱり、国(東電)にはちゃんと説明してほしいなー
全て同感
「原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」
そうなんだよ。「希釈すれば平気」「海外でもやっている」は嘘なんだよ。レベル7の事故を起こしたのはソ連と日本だけ。他国のトリチウム放出と異なり、福島のは燃料棒から外に出た放射性物質が混じった水なのだ。
貴方が思っているだけでしょ。そんなに心配なら自ら関わって処理したら?🇰🇷はケリー特使になきついたが一蹴されとる。恥を晒したよ。貴方もその様になりませんか?

  (ニューズウィーク日本版)
ニューズウィーク程の報道機関が、理系ですらないこの人のコメントなぜ掲載するんだろう?

  (ニューズウィーク日本版)
しかし問題となっている汚染水は、2018年、他核種処理設備ALPSでの処理を経ているにもかかわらず、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素131などトリチウム以外の放射性核種が検出限界値を超えて発見されたという経緯をもつ。
/原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞/
〜Newsweekより

外国から批判されるまでもなく、最も強く拒否すべきは、私たち日本に生きる者のはず。
ホントいつまでも信用ならない🤷🏻‍♀️
今までの経緯からも正しいことしてないのび・・安全とか言うけどさそれって最悪正常に稼働してるのが前提の話じゃないの?科学的根拠は?🤔それでも周辺で生活してる人にとっては脅威だよ😕

「トリチウム水だから安全」の二重の欺瞞
この問題に限らず、日本における様々な問題は「無責任嘘つき政府」を根こそぎ取り替えないと解決しそうもありません。
記事中の「日本社会も共犯者」って言葉が、刺さります。
海の生き物は?😢。。
海が死んでしまわないか心配です。。
どうなってる?
安全じゃなかったのか。疑いの目は持つべきだけどそれ一辺倒でも間違う。科学に寄って立つのが一番だけどそれすらも「中立公正な科学者」だとどこで見極めればいいんだろう。
ニューズウィークのコラムです。
「水俣病など過去の公害事件の例をみても、公害の責任を取るべき政府・企業とその被害者としての地域住民の間には厳然たる力の非対称性、つまり権力勾配がある。」まさしく
2021年04月16日
藤崎剛人さん
<「希釈すれば平気」とか「海外でもやっている」という嘘もさることながら、既成事実をつくって反対や疑念の声を押しつぶすやり口をはこれ以上許してはならない>
」-問題汚染水は、2018年、他核種処理設備ALPSでの処理を経ているにもかかわらず、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素131などトリチウム以外の放射性核種が検出限界値を超えて発見されたという経緯をもつ
何を言っているのか全然わからねぇ…

ダメなものはダメだ、と言ってダメな理屈とダメに見える方向を探してる感じがするわ
良いとする理屈に触れたら死ぬんじゃないか?ってくらいに意地になってるような
こんな読む価値のない記名記事も珍しいw
ていうか筆者は自分の情弱を晒しているだけじゃんwww

  | 藤崎剛人 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
自分たちに都合が悪い事は、国民に嘘をついて誤魔化してばかりの自民党議員が言う事を、そのまま信じる国民はあまりいないと思う。
皆さん反論お待ちしています。
ちゃんと調べて記事にしてるんか?
海洋放出の問題で真っ先に問われるべきは、政府・東電の不誠実性なのだ…こうした局面で「科学」は、政治的なものを誤魔化すために積極的に用いられる。
分かりやすくまとめられてると思います。
賛成派も反対派も読んで貰いたい記事。
恥ずかしくて外国の人と話すのがつらい。
「トリチウム水が有害」を即座に証明するのは困難だろう。しかしそれは「無害の証明」とは全く違う。過去の公害の事例からもその点は明らかだ。気が付いたら「予防」するのが「人間の知恵」というものだ。
これを書いた藤崎剛人ってのがよく問題を起こす人物でして、
自民、公明、維新を海に漂流させたい。

福島原発事故を経て、大量の核種が紛れ込んだ福島第一原発の汚染水は、他国で通常運転している原子力発電所から排出される処理水とはまったく性質が異なる。
「2018年、他核種処理設備ALPSでの処理を経ているにもかかわらず、セシウム137、ストロンチウム90、ヨウ素131などトリチウム以外の放射性核種が検出限界値を超えて発見された」「それまで東電は処理水内のトリチウム以外の核種は検出できないほど微量であると主張」
「大丈夫な水なのに反対派は非科学的」とか言っている人を見掛けたけれど、いったい何度騙されれば気付くことができるのか。
無駄に長い文書で何がいけないのかわからない。
こう言うのを欺瞞っていうんだ。
悔しかったら、法律違反や排水時の基準違反くらい指摘してみろ
絶対反対。全く信用できない。
日本の原発政策は破綻している。
原子力発電事業は断念しなければならない。
引用:福島原発事故を経て、大量の核種が紛れ込んだ福島第一原発の汚染水は、他国で通常運転している原子力発電所から排出される処理水とはまったく性質が異なるものだ。
東電のやってることは詐欺商法と同じ手法なんだよな。
※「ゲーム脳」を真に受ける程度の科学的読解記述力の持ち主が書いた与太記事です。
沢山の疑問に、何処まで丁寧に説明出来るか? 処理計画は?
当事者として何処まで誠実かどうかが問われているのでは?

東電は再処理や海洋放出に関する具体的な計画がない。安全な処理水を排水可能な見通しさえなく、海洋放出を行うことだけが正式決定。
まあ、何百万倍にでも薄めりゃ、「基準値以下」になるわな。
私が子どもの頃、松本サリン事件が起きまして。
経済学者やらなんやらの門外漢が子どもでも『?』って思うような、とんでもなくアホなことばかり言っていたわけだけれど。
歴史は繰り返す。
もっと見る (残り約130件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR