TOP > 政治・経済 > 汚染水からトリチウム水を取り除く技術を開発 東日本大震災の復興支援プロジェクトから生まれた汚染水対策|学校法人近畿大学のニュースリリース

汚染水からトリチウム水を取り除く技術を開発 東日本大震災の復興支援プロジェクトから生まれた汚染水対策|学校法人近畿大学のニュースリリース

14コメント 2018-06-27 16:24  News2u.net

学校法人近畿大学のニュースリリース(2018年06月27日)汚染水からトリチウム水を取り除く技術を開発 東日本大震災の復興支援プロジェクトから生まれた汚染水対策

ツイッターのコメント(14)

@datugennohi @news2u
この様な汚染水対策技術を生かしたうえで、基準値以下なのか?その基準値は安全なのか不明。
汚染水からトリチウム水を除去する研究についての近畿大学のプレスリリース
*本当*なら凄いけど、判断できんな。論文も出してなさそうだし。 →
ほんとにトリチウムを除去できるのでしょうか?
エセ科学検証好きな方々に、総力を結集して確かめてもらいたい。
③ グラフ1、再掲 。縦軸が「除染率(パーセント)」、横軸が「トラップ回収積算量(グラム)」、白状するがこのグラフで何を説明したいのかさっぱりわからないので、もう一度説明文に戻って-いや、僕がね、読み直したんだが、
近大のプレスリリース読んでもやっぱりわからん。論文誌に出してないのかしら。| @news2u
●汚染水からトリチウム水を高効率に低コストで分離・回収することに成功 ●装置は再生利用可能で、継続的な除染処理が可能 ですって。マジすごい! 実用化が待たれる!! がんばれ近大!
✍️ 近畿大学:  東日本大震災の復興支援プロジェクトから生まれた汚染水対策
@miakiza20100906 そういう意味に読めます が、なんでトリチウム水だけ残るのかはよくわかりませんね
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR