医師2000字のメール「入院調整」の現実|日テレNEWS24

11コメント 2021-09-01 01:06 日テレNEWS24

news zeroに届いたおよそ2000文字におよぶメール。東京都の入院調整本部にいる民間の医師からのものです。そこには、逼迫する医療の現状と私たちへのメッセージがつづられていました。

ツイッターのコメント(11)

都入院調整本部の民間医師 > 誰が勝手に優先順位をつけられるんだ。それも人の命の。
まずは、『もうこんなトリアージをする必要があるんだ』と言うことを一般の人に広める必要があります。
結局、東京の重症者数が微増ですんでいるのはもう重症患者を受け入れられる真のキャパがないからなんだろうな…。そして2、3週間後、遅れて報告された死亡者で一気に死亡者数跳ね上がるんじゃないかな…。
>『パラリンピックするのになんで自粛しなければいけないの?』『もう慣れたー、あの人やってるから自分も』じゃないよ。
自己主張ばっかりしてるクソバンド共と参加してるフェス好きバカ共にこれ読んでほしいわ。
自分と他人の命を危険に晒すくらいなら自粛してる方が何倍もマシと思ってる。
トリアージに忖度あるんだろうな。
上級国民と一般国民

-
「病院に行けたらラッキー」
一番読んで欲しいのは軽い気持ちで出歩いている人たち。伝わってほしい。:
医療従事者の苦悩
以上
 
PR
PR