TOP > 社会 > 高齢者の救世主に?小型電気自動車がスゴイ|日テレNEWS24

高齢者の救世主に?小型電気自動車がスゴイ|日テレNEWS24

20コメント 登録日時:2019-09-12 15:37 | 日テレNEWS24キャッシュ

79歳の高木さんが運転しているのは、超小型電気自動車「コムス」。最大時速60キロ、車体が小さいので小回りがききます。豊田市では、3年半前に名古屋大学、東京大学と共同で、コムスを高齢者に無料で貸し出す実証実験を始めました。...

Twitterのコメント(20)

やっと世間でも話題になってきたみたいね🌟
私にとって、もはや懐かしいの域だけど😅
<馬力が弱いため、急発進せず、衝突時の衝撃も小さくてすみます。さらに、ボディーは手で押すだけでへこみます>

ぶつかれば自分が死ぬ仕様とはいえ、最高時速60kmは事故が多発しそう。30kmでいいんじゃないか。
>ボディーは手で押すだけでへこみます。これで、衝突時の衝撃が緩和されます。

非常に大事な試みだと思う。ただ水を差すような意見で申し訳ないけど、自身が衝突された時に木っ端みじんにならないのかな?

高齢者の救世主に?小型電気自動車がスゴイ(日本テレビ系(NNN))
「衝突時の衝撃が緩和」

「ギアレバーを下げれば前進、手前に引いてあげれば後退、前進と後退で動きが違うので高齢者ドライバーに多い、ギアの入れ間違いが防げます」

.
じゃあ普通車も そうすればいいじゃん。

.
船橋や市川も渋滞がものすごいから日常の脚にこれが欲しい。子どもの送迎や買い物は、雨避けさえできれば自転車並みのスピードでもよいのだ。
これで地方の買い物などの移動の問題が解決できると良いなー!
こういうのこそ、シリーズ型ハイブリッドでしょうに。エンジンとリジットリンクさせなければ、最高速度なんか思いのままでしょ?
セブンの宅配などでも使われているコムスの別仕様版
私の4年前の卒業制作
山間部を電気原付自動車(水色ナンバー)で観光するというアイデア、
山間部を電気小型自動車という着眼点はあながち間違っていなかった?
池袋の高齢ドライバーによる事故で、免許返納が話題になった

高齢者は免許返納という風潮がある

しかし、車なしでは生活ができない方々がいる

そんな方々にも もってこいの車
@ericcarpton5 79歳のTさんが運転しているのは、超小型電気自動車コムス。最大時速60km、車体が小さいので小回りがききます。豊田市では、3年半前に名古屋大学、東京大学と共同で、コムスを高齢者に無料で貸し出す実証実験を始めた。 最高速度より、充電で60kmまでの走行距離はきついかな?。
@hyakutanaoki 逆にこんなのどうです?
出川哲郎の電気バイクの番組では坂道であっという間に充電ゼロになるんやけど、これは充電持ちが良いのかな?
それよりも、日テレニュースなのに、アナウンサーじゃなくて合成音声なのが気になった。Youtubeの素人ニュース動画と声が同じなのでちょっと変な感じ。
すばらしすぎる。
うちの近くでもコムスに乗っているおじいちゃんを見かける。
初めて見たとき「これは良い!」と思った。
高齢化社会の一つの解だと思うよ。
運転手の安全性は考えてないところが老人向けとして潔い
批判的な指摘もあるが、適地(主に田舎?)運営すれば良いし、工夫次第だと思うし
あとは金銭的な問題だけだと。
この爺ちゃんの工夫も👍

いいなこれ。普通に乗りたい!/
これ、レンタルなどの制度を作れば、過疎地域の交通の足として現実的な問題解決になる予感。何なら地域限定の免許もありかと。

とはいえ最大最悪の原因は「就職氷河期を放置した結果、少子高齢化が生じた」事なので、美談ではありませんが。
将来歳とってから乗るのはこういうのでいいかなと思ってるので、色んな車種が出て欲しい。
以上

記事本文: 高齢者の救世主に?小型電気自動車がスゴイ|日テレNEWS24

関連記事