TOP > その他のニュース > 東京五輪「1年延期」を決めた頃と今を比較したらケタ違いだった|NEWSポストセブン

東京五輪「1年延期」を決めた頃と今を比較したらケタ違いだった|NEWSポストセブン

 東京五輪開会式は7月23日が予定されている。東京・大阪・兵庫・京都の緊急事態宣言は5月31日まで延長され、5月12日から愛知と福岡も対象地域に加えられることとなった。コラムニストの石原壮…

ツイッターのコメント(21)

「去年と今年、どちらが深刻な感染状況かは、比較するまでもありません」
だよねー。
《去年と今年、どちらが深刻な感染状況かは、比較するまでもありません。5月7日現在、国内でワクチンを少なくとも1回接種した人の割合は2.2%》

なのに五輪を強行しようとしている怪。
「完全な形」…
人類からのコロナ撲滅ではなく、一部既得権劇者への「利益収入の完全な形」

さっさと中止しろ
延期を決めた理由は国内の感染者数だけではなく出場者を決める大会が全世界で開催不可能だったから
去年に比べ今年の方が深刻、延期しなくても良かったとあるが、去年は他国が予選やれなかったから開催できるわけがない
1年延期も4年延期も机上の空論
アメリカの新聞はもう中止がないから中止しろと言ってる
去年3月末までの感染者累計2234人、死亡者累計は66人→延期 今年4月末までの感染者累計59万2999人、死亡者累計1万243人→開催 - 東京五輪「1年延期」を決めた頃と今を比較したらケタ違いだった(NEWSポストセブン)
今の日本に足らないのはこういうデータに基づいた話だと思う…

ワクチンが出来たとは言え、接種も全然進まず、効果も微妙…

そんな中、延期を決めた時とは桁違いの状況なのに何故出来ると思うのか

精神論や民度や勘ではウイルスは克服出来ないでしょ
延期が決まった昨年3月下旬の感染者数は1日あたり39~241人。死者数は1日あたり1~7人。今年4月下旬の感染者数は1日あたり3315人~5911人。死者数は1日あたり39~78人。まさにケタ違いです。
【2020.3】→延期
新規1日あたり39~241人
国内累計2234人
死者数1日あたり1~7人累計66人

【2021.4】→強行?
新規1日あたり3315人~5911人
国内累計59万2999人
死者数1日あたり39~78人累計1万243人
書きましたー! 「絶対にやります!」一辺倒から自体が急転直下しますようにという願いを込めつつ。

延期を決めた去年よりも悪化、実施できないのは一目瞭然!
「(去年)3月下旬の新規感染者数は1日あたり39~241人…(今年)4月下旬の新規感染者数は1日あたり3315人~5911人」
政府、IOCはこの判断基準がどう変化したのか
説明すべきだ。
「感染が世界中に広がり、問題は日本がどうかというより、世界中の国が参加できるかどうかに変わってきた」

この判断をした去年より酷い
大手新聞もこのくらい書いたらどうですか?昨年と桁違いのこの感染状況の中でやるのか、と。
行動も効果も伴わず延々虚しい記事や言葉が重ねられることに、もう、とこっとんウンザリ(;´◻︎`)もう沢山!助けて!
(17:31)
東京五輪「1年延期」を決めた頃と今を比較したらケタ違いだった|NEWSポストセブン(2021.05.09 16:00)
冷静に見て無理でしょ。
金が全ての不要不急イベント
平和の祭典が、死者の祭典になりませんように
昨年3月下旬の新規感染者数は1日あたり39~241人。

3月末までの国内感染者数の累計は2234人。

3月下旬の死者数は1日あたり1~7人。

3月末までの累計は66人。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR