TOP > その他のニュース > リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」|NEWSポストセブン - Part 3

リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」|NEWSポストセブン - Part 3

 2021年4月、新型コロナウイルスによる3回目の緊急事態宣言が発令された。走り抜けるフードデリバリー配達員の姿も、すっかり今では珍しくなくなった。色々と批判も多いフードデリバリーだが…

ツイッターのコメント(15)

「フリーターでも40歳過ぎの中高年男性は厳しいが、20代大卒男子ならなんとかなる可能性は高い」

30代・大卒・職歴なしで引きこもりの俺はなんとかなる可能性は低いだろうな…。死にたい…。
貴重な看護師や看護学生を500人もオリンピックによこせと強要する様は令和のひめゆり部隊である、、、

リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」|NEWSポストセブン - Part 3
夢を持つことなく現実を知り、身の丈に合った生活を教え諭すのがこれからの教育とな。クソだな。この記事も現実も。
生き方を教えてくれない学校教育が悪いのか?

高校→大学にかけて、大人になれなかっただけやん。
>「あの10万円は助かりました。今回も貰えれば、家でおとなしくしてました」
日本国民一人ずつ10万円支給して自宅待機するしかないのです。
下手に動けば変異ウイルスの餌食になって自分自身が復活出来なくなります。
新卒という新車が一番欲しいが、ワンオーナーくらいの中古車もまた手ごろでいい。しかし40代、50代でも経験や実績というプレミアのついた旧車ならともかく、未経験で価値のない旧車はいらないというのが経営者のリアルだ。
世間知らずの教師の自己陶酔が子供たちを夢の奴隷にする。お花畑の無責任な夢の肯定でごまかす。とくに中高年の教師はイデオロギーにまみれた連中もいてやっかいだ。「みんな夢を持ちましょう」「それでは夢を発表してください」―― 生き方の伴わない夢を強制することは
>非正規の大半は休業手当も貰えず補助金も降ってこない
>「あの10万円は助かりました。今回も貰えれば、家でおとなしくしてました」
>国はそんなまどろっこしいことをしていないで国民一人あたり10万円、特別定額給付金をまた配ればよかったのだ
最後の方のキレ味がいい
学校教育は夢を強制するとこの1972年野田市生まれの筆者は陶酔気味に書きますが、1969年生まれで主に神奈川県で公立小中高かよった私は、学校教育で夢を強制された覚えはまったくありません。むしろ、学校には夢がないという歌が流行してました。3年違いのせいでしょうか。
「国はそんなまどろっこしいことをしていないで国民一人あたり10万円、特別定額給付金をまた配ればよかったのだ。トリキさんの言うように非正規はゴールデンウィークを食い凌ぐことができるし、それこそ外出自粛の一助となる。」
謎なしわ寄せやら謎な給付やらしてないでもう一回10万配ればいい。
もしくは2回3回と。
休業も保証も適切に対象を選ぶなんて不可能なんだから全員に配る。んで、家に居ろ!って言えばいい。
>誰もが夢を叶えて食えるわけもないし、誰もが夢を持つ必要なんて本来ない。日本の学校教育の悪しき慣習こそ夢の強制である。生き方を教えず夢を強制する。

夢さえ見なきゃ飯が食えたやつ、山ほどいるからなぁ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR