TOP > その他のニュース > リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」|NEWSポストセブン - Part 2

リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」|NEWSポストセブン - Part 2

 2021年4月、新型コロナウイルスによる3回目の緊急事態宣言が発令された。走り抜けるフードデリバリー配達員の姿も、すっかり今では珍しくなくなった。色々と批判も多いフードデリバリーだが…

ツイッターのコメント(10)

だいたい思ってること全部書いてくれる日野百草さん
仮名に悪意がありすぎるだろw
日本における一般市民にとっての唯一まともな社会保障こそ「正社員」である。まともな社会保障を手放してはならない。

「そういうのって学校は教えてくれないんですよね。放り出されたあとに自分で知るしかないわけで。好きと出来るは違うんですよね」
リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」
正社員の方に「絶対に辞めてはいけませんよ、死んでもしがみついてください」と忠告している。日本における一般市民にとっての唯一まともな社会保障こそ「正社員」である

まだ夢を追いかけてるの?
まあどんな仕事でも稼げるコツがあるんだな。それがわかる奴とわからん奴では格差が出るわな(*・ω・)
"バイト2つを掛け持ちしていたときはフルで入って20万以上は稼げたという。足立区の古いアパート住まいなので家賃は安いし駅から遠くても中古で買った10年落ちの110ccスクーターがあれば不自由はない。"
なるほど。こうやって支出を減らせばいいのか。参考になる
〈筆者は(中略)正社員の方に「絶対に辞めてはいけませんよ、死んでもしがみついてください」と忠告している。〉
もしあれ以上正社員にしがみついていたら、僕はほぼ間違いなく死んでいましたけどね/リクエストが鳴らない20代のウーバー配達員「コロナは潮時を教えてくれた」
うわぁ.....いらんアドバイス。>筆者は昨年から取材や交友のたび正社員の方に「絶対に辞めてはいけませんよ、死んでもしがみついてください」と忠告している。
» あえて地位と言わせてもらったが、日本における一般市民にとっての唯一まともな社会保障こそ「正社員」である。まともな社会保障を手放してはならない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR