TOP > その他のニュース > コロナワクチン接種の4日後に急死した26才女性 因果関係はあったのか|NEWSポストセブン

コロナワクチン接種の4日後に急死した26才女性 因果関係はあったのか|NEWSポストセブン

「小指の痛みは全身の痛みと感じ取ってください」。返還前の沖縄に響いた言葉である。一部の苦しみを、全体の苦しみと捉えるには、想像力と注意深さが必要である。16才以上の全員分の新型コロ…

ツイッターのコメント(14)

コロナワクチン接種4日後に自宅リビングで死亡
福岡 医療従事者 26歳女性
嫌な予感しかなかった。
今日はAさんが病院勤務を休むはずがない日なのだ。
が、一向に出勤してこない。
実家にもいない。
家族に連絡してもらっても電話に出ない
得も言われぬ嫌な予感の、最たる理由にふと気づく。

「Aさんは4日前、新型コロナワクチンを接種している──」
コロナワクチン接種の4日後に急死した (看護師) 26才女性
関連があるかないかはいい(因果関係なんてすぐは証明できないだろう)から、接種した人の母数と死亡原因別の死者数を知りたい。一般的な割合と比べてどうかを調べたい。
「小指の痛みは全身の痛みと感じ取ってください」。
返還前の沖縄に響いた言葉である。

一部の苦しみを、全体の苦しみと捉えるには、想像力と注意深さが必要である。
26歳という若き命が奪われたという現実。
機会ができたら打つつもりだったけど、こういうの見ると結構悩むな……
接種が進まないとコロナの問題も解決しなそうだとは思いつつ……
福岡県内の自宅で亡くなっている看護師の女性・Aさんが発見されたのは、3月23日のことだった。享年26。Aさんが勤務する病院
「玄関先には、その日の夜勤に持っていくためのお弁当まで用意。」
死因はくも膜下出血だったようです。

接種部位の痛み、倦怠感で血圧が上がったことにより、出血したなどの誘因は少なからずあったかもしれません。

この年齢で頻度は低いですが、実際にいます。

この一例だけであれば、因果関係はなしとして良さそうです。
2021年3月23日、退職当日に26歳の女性看護師が亡くなった。ワクチン接種から僅か4日後の急変。新しい門出を祝うために用意された花束が天国へ送り出すための弔花に変わってしまった悲劇。4/9時点で国内ワクチン接種後の死亡報告は6例、徹底的な調査が必要。
これにイベルメクチン礼賛を絡めてくるバカが雨後の竹の子の如く涌いて出てくるから始末に負えんのよな。
新型コロナのワクチンが脳機能に影響を及ぼす可能性についての研究結果、公表して欲しい。
ワクチンファシズム
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR