TOP > その他のニュース > マンション市場はロックダウン状態 都心で20%下落見込みも|NEWSポストセブン

マンション市場はロックダウン状態 都心で20%下落見込みも|NEWSポストセブン

 新型コロナウイルス禍が与える経済へのダメージや国民の生活・消費行動の低下は計り知れないが、今後もっとも懸念されるのが、首都圏でバブル状態になっていたマンション市場への影響だ。一…...

ツイッターのコメント(16)

幾らになるんだろうな?

高級物件はあんま良く分からんから出来りゃボロいのが欲しいんじゃが…。
本格的に不景気になるんならマジで検討するが、今回は一時的っぽい気がする。
このゲームは、とりあえずコロナの嵐が過ぎないと進まない。
都心で20%下落見込みも(NEWS ポストセブン)
地価下がって欲しい。
台東区は足立区と並ぶ最貧区だ、住んではいけない区とかラブホの街とか言われてんのに地価が意識高い系のオシャレな世田谷の住宅地より高い。
「売り出し価格」と「成約価格」の乖離が進み、在庫が増えつつあるところにきてこの事態ゆえ、現在売りに出ている中古マンションは、相当下げないと売れないはず。
都心の中古マンション価格は20%下落の見込みも 新築は供給調整
都心の中古マンション価格は20%下落の見込みも 新築は供給調整 不動産?暴落しかないでしょ。投資目的で不動産は買うべきではない。逆に住む目的なら価格が下がる今からがチャンスやで。
20%じゃ全く済まないよね。
マンション市場の下落はコロナのせいではない。

少子化が加速している今新たな建物はいらない。
資料のグラフ📈が後々役に立ちそう
コロナショックで都心の住宅も20%減

20%って言っても
8000万円とか6000万円の20%って
1600万円とか1200万円やならね!

家賃20万やとしたら5年分が吹っ飛んだ計算
(´・ω・`)今月引渡…、さすがに現時点で20%下がった物件は無いしなあ
/
リモートワーク進展によりオフィス需要も従来の30~40%のオフィス床減少数が見込まれる。また、仮に株価水準が戻らないとすると、都心3区(千代田、中央、港区)あるいは5区(3区に加えて新宿、渋谷区)の中古マンション価格は15~20%下落
長嶋氏の見解。市場の行方が中古先導となるのは確か。今は事実上営業停止状態なので値動きないだろうが、動き始めた時にどうなるかですね>
長嶋修先生の見立ては、すこぶる暗い…

「コロナ前」と「コロナ後」の不動産市場は全く異なる光景になっているだろう。/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR