TOP > その他のニュース > 「韓国人観光客激減」で窮地の対馬 日本人こそ知るべき魅力|NEWSポストセブン

「韓国人観光客激減」で窮地の対馬 日本人こそ知るべき魅力|NEWSポストセブン

 韓国・釜山から50キロと近く、年間40万人もの韓国人観光客が訪れていた長崎県の対馬で閑古鳥が鳴いている。彼の国で続く「NO JAPAN運動」の波をもろに受け、対馬から韓国人客の姿が激減した…

ツイッターのコメント(35)

知らないことがたくさんあって、観光のお客さんが教えてくれることがたくさんある。けど、それでいいと思う✨
国内観光客を呼び込む上で悪条件がいくつも重なっている。
だが、実際に訪れてみれば一目瞭然なように、対馬は対馬にしかない魅力で溢れている。
NEWSポストセブン|
現政権なり この地域選出の国会議員さんは、責任を持って何らかの対応をしないといけない!
私は、そう思います。
リツイートは やめて下さい。。

対馬  本当にPRして、運賃などの値段も安くしてくれないと終わるよ😂
それに、PR下手すぎる。
何か目玉をつくらないと。
三宇田浜海水浴場など、夏は最高なのに。日本人は少なめ。
そもそも何故韓国人は来ていたのか気になるな。
まぁ、こうなった以上、日本人側へのアピールと交通機関の充実をお願いしたい。
本当かな?なんで韓国かな?そのパイプラインを他国発信してはどうかな?なぜゆえに韓国人来ないとアップアップになるのかな?
韓国人が対馬の土地を買い、対馬を乗っ取ろうとしてると聞いたぞ?
対馬住民の全体の意見が気になるな。
神社検定の認定を持っていることだし、一度行ってみたいなぁ。
対馬が韓国人観光客で溢れ返ったのここ数年の話でしょうに。色々問題起きてたじゃない。
困ってるのは地場の人間なの?ホントに?
日本防衛の最前線。
公共事業対策等の優遇処置を国策として講じる必要がある!!
ならず者の反日国家を相手にするリスクを勘案しないからこうなる。
「今こそ日本人が対馬の魅力を再発見するとき」

長い目で見れば日本には良い事。変化の良い時期。一国に頼らずに国内、国外へ誘致をしよう。
要塞化しよう。
国内観光客を呼び込めないとあるけど、むしろ韓国の観光客は何を求めて対馬を訪れてたんだろ?
よかったよかった
韓国が次に狙っているのは対馬ですからな
乗っ取られまいうちに断絶した方が賢明ですな
目先の利益にこだわっていたら後悔しますぞ - NEWSポストセブン
いままで多数の韓国人客が来ていたということが大問題だ。対馬まで韓国の領土だと言っている韓国人もいるのだから。
対馬ねぇ。いってはみたいけど。。高くつくしねぇ。
アクセスの改善は必須ね、現状カネも時間もかかりすぎやから。:
日本政府は、韓国人だらけの対馬を、今のうちに、自衛隊警備所から基地に格上げし、それなりの隊員を配置しろ!
ミサイル部隊も必要!竹島の荷の前になるなよ。
日本人こそ知るべき魅力(NEWS ポストセブン
私も時間を作って行ってみたいと思います。

韓国人観光客激減」で窮地の対馬
対馬応援ツィートします。

遊びの点ではシーカヤックや乗馬、海釣り、トレッキングなどに適した場所が多い。動物好きであれば、ツシマヤマネコをはじめ、対州馬、ツシマテン、ツシマジカなど、対馬にしか生息しない生き物に興味を引かれるに違いない。
これを機に日本人を呼べるように頑張れば良いと思うの!
天神多久頭魂神社は対馬野生生物保護センター近くなので寄れたなあ。
良記事だけど、交通アクセスについては物足らない記事なので色々と書きたいことがある。
「韓国人が来なければ日本人の観光客で」と、本来政府が外需依存から内需拡大に力を入れるのだが、日本政府はそれもしない。霞が関にある観光庁は訪日外国人のためだけに仕事している様だ。
ぜひ、韓国人がいない間に観光にどうぞ(笑)
元々対馬って観光地じゃなかったよな?
韓国が竹島の次に狙ってた島だから人が大量に来てただけだった気がするけど
居なくなって良かったとしか思えないw
こんな体でこの島を実効支配できてるといっていいのかなー。
日本人こそ知るべき魅力←なんか日本が韓国に意地悪してる様に例えるけど 普通に国際的対応しただけ 韓国が来ないだけ 日本政府の責任ではない
観光客で困るなら、対馬ロックフェスでも毎月でもやったら…
常設ステージと会場で
世界中のアーティストでロックフェスの島にしょうって提案。
一国だけに偏重した観光に頼りすぎるとまずい、という例になっちゃってますが。。。株でも収入源でも知識でも、多様性は必要。観光もしかりですね。みんなで対馬にいこう~!
アンゴルモア元寇合戦記のロケ地だから行ってみたいんだけどね~。いかんせん遠い。
韓国旅行者は来なくて当然って騒ぐなら日本の観光産業の手助けすればいいのに。日本人に冷たいのも日本人だよな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR