TOP > その他のニュース > 10連休明け「経済効果が吹き飛ぶほどの節約モード」の懸念|NEWSポストセブン

10連休明け「経済効果が吹き飛ぶほどの節約モード」の懸念|NEWSポストセブン

 いよいよ改元が近づき、前例のない「10連休」がやってくる。子供は「学校が休める」と大喜びだが、社会人である大人の気分は微妙だ。連休の前後に仕事のしわ寄せがくるのは間違いないし、連…

ツイッターのコメント(38)

うちはこれから使うんですよ😎
それだ!連休明け激暇なんだけど。
富裕層(公務員さんたちも富裕層ね)が使う金額には限界がある。逆に貧困層は収入減で生活必需品も節約必要になる。火を見るより明らか…(´д`;)(15:42)
我が家は2歳児のせいで倉庫と化した部屋を家族で模様替えの大掃除です。GW後に遊べる部屋になると良いんですが。てなわけで遣う予定はありませんww #GW
そんなにネガティブキャンペーンを は張らなくてもいいじゃん!休みが多いってそれはそれでよしとしようよ! 国会議員の野党なんて、40連休だよ?これにも、それなら、ネガティブキャンペーン打ってよ!
>
10連休の後の落ち込みはやはり凄そうです、、、。
経済はお金を使わないと回りませんよ😂
殿方達!ナイトワークレディの皆様お金は使いましょう💋
かかりつけの病院がカレンダー通り(黒い日は開いてる)なので助かる。連休中に特別な行動をする余裕はないので読書。仕事は少ないのでいきおい翌月までは蟄居を予定。政府の思惑など知りません。
どうなることやら。→
▼【#10連休】?
『年金組』の私は関係なし
「現役サラリーマン」だったら
好まないだろう?
喜ぶのは【子供と議員達】では?
*旅行:飛び石連休で十分
*行楽地:サービス業は休めない
*公務員:ごみ問題だ❢
10日も休んだのに国民がまったくリフレッシュできてない(むしろなんか消耗してる)というブラック国家っぷりが令和そうそう世界に露呈しそうで怖い。
ショックでドル円に大暴落が有れば買うだけ。
そもそも、非正規雇用者がモロに10連休したら賃金がヤバい
それだけじゃない。10月の増税に備えて徹底的な貯金が起こりそう…
この国はたった10連休で大パニック?すべての業種で10連休取得できるようにしないからいけない。
これについては激しく同意。これがきっかけで消費増税中止どころか衆参同日選や消費減税まであるかも?
連休明けには景気後退

ここ数年、本当に政府との温度差を感じる

民間から有識者入れないと景気後退止まらないだろうし

「雇用は増えてます
賃金低下も歯止めがかからないだろうなー🤔
10連休でも実際には10日も休めない人もいるし、今後は増税もあるからすでに節約している人もいるだろう。
(2019年4月24日掲載) -
なるべくしてなるんだからしょうがない。何も考えずに決めた国や大騒ぎするマスコミが悪い。
ゆーてもさ、今までもGW9連休とかあったよね?1日連休が伸びたら節約モードになるのか。世の中は大変だな。
-

10連休って【その他大勢の国民】にとっては迷惑なだけだよね。
専業主婦からも「夫と子供がずっと家にいるのは勘弁してほしい」という声が聞こえてくる

ひどw
外で汗水垂らし働いてる旦那さんの扱いってこんな感じなの。子供もこんな風に思われて可哀想ね
10連休明け「経済効果が吹き飛ぶほどの節約モードの」懸念
ヒマなサラリーマンにはラッキーな10日間だろう。そもそもこんなに休日にする必要があるのか。今さらだが。歓迎していない人が周りには多い。
国を10日間止めたらどうなるかを官僚は思い知るだろう
公務員を休ませる為の10連休
…《専業主婦からも「夫と子供がずっと家にいるのは勘弁してほしい」という声が聞こえてくる》

じゃあ、ゴールデンウィーク中はチェンジして働けばいいやん?
うちは二日間の旅行は計画しているけど、2~3日は仕事に出ようと思う。連休明けにしわ寄せが大量に来るはずだから。
「人件費が高騰し、忙しい割に意外と儲からないという事態」従業員に還元で経済が回るからいいのでは?
マイナス面は政府が責任取るんでしょう?
時給で働く貧乏人は、収入減で生活できないです。官僚は海外旅行に行けるけど。大手は元々10連休。官僚しか得しません。結局、政治家より官僚の方が頭がいいということ。
みんなが好きなときに休みが取れたら、混雑はかなり解消したれるよ!…:
専業主婦は何様のつもりなのか 大丈夫、増税でより節約モードになるから
日本の株式市場も10連休ってのは確かにきになる。
こんだけ休んだら給料減るだけのこと。安倍政権は甘い事言ってるから中華には抜かれ、日本の経済はガタガタ。復活なんてありゃしない。
お出かけしてお金使うからでしょう?
普段から節約している人はそれほど変らないと思うけど。
少しは積極的という言葉を覚えないとな
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR