TOP > その他のニュース > リニア新幹線 静岡県とJR東海が直面する「大井川水源問題」│NEWSポストセブン

リニア新幹線 静岡県とJR東海が直面する「大井川水源問題」│NEWSポストセブン

 江戸時代には東海道でも屈指の難所と呼ばれ、箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬと言われた大井川。その大井川が原因で、中央リニア新幹線プロジェクトが困難に直面している。トンネル掘削によって大量に噴出...

ツイッターのコメント(18)

⭐️トンネル工事では、事前から大量の湧水が予測。その湧き水の扱いを巡って、静岡県側は「湧き水の全量すべて戻す」ことを主張。一方、JR東海は「減量分を戻す」と主張。静岡県とJR東海の意見対立は、平行線。そのため、川勝平太知事はリニアのトンネル掘削工事を不許可。
リニア静岡問題、将来的には都市部にも影響するじゃないですかー(´・ω・`)

「静岡県内の農業・工業生産が落ち込めば、それは回りまわって東京や名古屋の経済活動を減速させることにもつながる。リニアを発端とする大井川の水問題を、静岡県だけの話にするのは…」
で、問題になってる環境汚染とは大井川
静岡県側の主張の方が非科学的てリスキーだな…→「トンネル工事では、事前から大量の水が湧き出ることが予測されていた。その湧き水の扱いを巡って、静岡県側は『湧き水の全量すべて戻す』ことを主張。一方、JR東海は『減量分を戻す』と主張した。」
シールドでもダメって事?地底湖があって地盤も軟弱すぎるとか
またまた不安あおって反対運動かよ
泥仕合になりそうな予感もしますが…というわけで書きました。ご笑読いただければ幸いです

 静岡県とJR東海が直面する「大井川水源問題」│NEWSポストセブン
静岡県とJR東海って仲良くないからな…
のぞみ通過問題とか静岡空港駅問題とか
これ何年前に取材したのか気になる笑
「明治期から高度経済成長期にかけて、日本の電気の大半は水力発電で生み出されていた。なかでも、大井川流域では盛んに水力発電が取り組まれ、それが日本経済の発展に寄与」「地元自治体と鉄道会社との齟齬は、全国各地で見られる。決して他人事ではない」
静岡県tとしてリニアの駅ができないことへの嫌がらでしょう。新幹線は通るれど駅作れれと言わなかった茨城県を見習え…
水脈が切断されては大変です。中止すべきですね。
といいますか、県とJRとの齟齬はこれに限った話ではないようで
何かを興そうとすれば、利害関係が相反し賛成反対が必ず出る。当事者の話し合いは大事だが100%はない。何処で協するかだ。沖縄も原子力も段階を踏んで「0」は達成出来る。即「0」は無い事を知るべきだ。
この問題が拗れた背景の一つに関係自治体で作る利水協議会に加わらない静岡市が単独でJR東海と工事着工に合意してしまった事がある。
県と政令市による権力衝突の弊害が顕在化した事例。

 静岡県とJR東海が直面する「大井川水源問題」(NEWS ポストセブン)
こういう記事もAIで全て事実かどうかが検証出来る様になるであろう!

 静岡県とJR東海が直面する「大井川水源問題」│NEWSポストセブン
中部電力を説得させなきゃだから大変だよな。へますると電気送ってもらえなくなるだろうし
≪NEWSポストセブン≫  -

長野県でも阿部守一知事がリニア建設によって排出される残土処理で、環境に配慮することを要請…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR