TOP > その他のニュース > FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7│NEWSポストセブン

FAは失敗が9割 行使後にキャリアハイ達成は86分の7│NEWSポストセブン

「三顧の礼」で迎えられながら、期待された活躍ができない“FA組”は、これまで数多くいた──。メジャーリーグを参考に、日本球界にFA制度が導入されたのは1993年オフのことだ。以降、権利を行使して国内の…...

ツイッターのコメント(15)

@_asgr_ こういう記事があるからな
プロ野球選手の全盛期と言われる30手前がFA得られる年齢になるんだからキャリアハイは望みませんよ。
丸に来期望むのは.290 15本 65打点以上、それすら出来ないのが今の外野陣なんだから。
いろいろと考えさせられるけれど、ゴーン容疑者の年俸を知ってから、金銭感覚が微妙〜
2000年代で成功したの和田と杉内くらいじゃね?
杉内の最期は悲惨だったけど
そもそも、トップクラスの成績を維持すること自体が大変なのであって…
逆に、選手自身は納得しきれないかもしれないけど、キャリアハイじゃなくてもチームに貢献する形はいろいろあるよね。
>大枚をはたいて獲得しても、主力として活躍する期間は平均して2年程度。
そんなもんでしょ。
でも高額年俸の複数年契約をもらって選手の側としては成功よ。
いい事言うね〜❤️❤️❤️
ピーク終わる頃に権利取って、環境の変化のストレスや高額年俸のプレッシャーとも戦うわけだし、そうだろうね。ここまでの確率とは知らんかった
広澤克実さんに学ぶ失敗経験
・ミスターに誘われて何とか期待に応えたかった
・前の球団と契約で揉めて見返したかった
・自分の力以上のものを出そうとして力んだ
・結果として"よそ行きの野球"になってしまった
実際、打者でキャリアハイ達成したのは内川、駒田、金本しか該当してないもんな。
普通に考えてそうだし、まぁ、もうないよ。きちんとグラウンドの上で後悔させるしかない。
うんまあキャリアハイは無理だな
チーム差が大きすぎるね
以上
 

いま話題のニュース

PR