TOP > その他のニュース > 高須院長「ドーピング何でもアリの全裸五輪」を提唱│NEWSポストセブン

高須院長「ドーピング何でもアリの全裸五輪」を提唱│NEWSポストセブン

27コメント 登録日時:2016-08-06 11:14 | NEWSポストセブンキャッシュ

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。...

Twitterのコメント(27)

@Mc63901 あるらしいね。国の指導でやったら問題だけど、個人が勝手にやる分には勝手にすればいい。
あとググったら高須院長がおんなじこと言ってた
まぁ正直、、、一理ある。

【高須院長「ドーピング何でもアリの全裸五輪」を提唱】
一理ありだがさすがにね…σ(^_^;)
かっちゃんのこの発想
人体改造系はパラレンピックの方になるんじゃないの。 オリンピックではないが、マラソン大会で義足の障害者が健常者を超える記録を出したりしているわけで。 /
「ビックリ五輪(仮称)」と「五輪」に分けて片方はビックリ人間のエンターテイメントとして、もう片方は純粋なスポーツとして見れば面白いかも…
私財でやれば
ジャックハンマーみたいな奴らのオリンピックか…
めっちゃ見たいわ。
極論ではあるけど車椅子マラソンとか見てるとそういう気になるわな。 / “高須院長「ドーピング何でもアリの全裸五輪」を提唱│NEWSポストセブン”
この人はスポーツの何たるかを何ひとつ理解していないんだなと思わせる記事。人間の限界に挑戦する過程こそが、スポーツにとって最も尊ばれる事。
いいと思う。

“もう何でもアリの大会を開いちゃえばいいと思う。ドーピングだろうが人体改造だろうが全部OK。”
おもしろそうではある。 /
DARPAとかがスポンサーについてくれるんじゃない?
ルールというのは必要に迫られて生じてくるんだから、ルールを全部とっぱらってもいずれまたルールが作られるようになるだろうな。
相撲だってそう。あんなにたくさん、ちゃんこを食って無理やり体重を増やして健康に良いわけがない。ちゃんこがドーピングにはならないんだったら、ホルモン剤を打ったってドーピングにはならないよ(笑い)。
これは心底同意、さすが高須院長だ
なるほどコレはおもろいかもw
これ一回思ったけど、体に害あるから絶対開催出来ないよね
ニューマン(・‐・)ノ?
>誰かが得するようにできてるのがスポーツのルール。だから結局ルールを排除しないと公平にはならない。何でもアリがいいんだよ。

そうすると、今度は資本力の差が出て公平にならないという意見が挙がるから難しいね。先進国限定になってしまう。
赤塚不二夫の「大先生を読む」という作品で「ドーピンピック」ていうネタがまさにコレだったなぁ。
タイトルから想像されるよりまともな意見だった
人工骨格とか、サイボーグの技術開発が捗りそうでええやないの
古代オリンピックは全裸だったような・・・
ぶはっ。これはブラックジョークに入るのだろうか?
“ ”
すぐに脳裏にこれが浮かんだ人挙手
高須院長「ドーピング、反則、審判買収、何でもアリの全裸五輪」を提唱│NEWSポストセブン ロシア、シナ、朝鮮がメダル独占しますwww
以上

記事本文: 高須院長「ドーピング何でもアリの全裸五輪」を提唱│NEWSポストセブン

関連記事