TOP > その他のニュース > 公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題│NEWSポストセブン

公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題│NEWSポストセブン

36コメント 登録日時:2012-07-15 16:10 | NEWSポストセブンキャッシュ

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニュースサイトにも配信します。...

Twitterのコメント(36)

@toritorix 古い記事ですがこんなのがありました.
この記事を上杉隆もツイッター上で紹介していたのが印象的。 / “NEWSポストセブン|公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題”
上杉に橋下…
> -
ポストセブンの視点の評価はさておき素朴に面白く読ませてもらったわ。 RT @TomoMachi NEWSポストセブン|公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題
NEWSポストセブン「Journalism」7月号 
本記事を読む限りでは奥山記者の主張の方に説得力があり、上杉氏の原発報道に対する批判には首を傾げざるを得ない
これは良記事。
後半は特に興味深い。-
<==特別報道部所属:奥山記者/「福島原発事故 報道と批判を検証する」/自由報道協会代表・上杉隆氏(@uesugitakashi)のメディア批判について
朝日新聞大阪社会部デスクの稲垣えみ子「国歌斉唱強制アンケート結果がショックだった。6~7割が「反対」と答えると思っていた」。デスクにもなると朝日脳が治療不可なレベルまで進行してるな。どんだけお花畑なんだよ。
公称2000部の月刊誌「Journalism」で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題
これの概要がこれかな?  →  元記事探すのあきらめた……
放射能と橋下氏のことを同列に扱う鈍感さ。安全をタレ長さなくとも、危険性に沈黙してたら同じこと。RT:@komatsunotsuma 公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題
“NEWSポストセブン|公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題”
この記事への反応のツイートで気になるものがあった。【都合のいいように情報をミスリードし、自分たちは何も責任を取らない。 今すぐにでもマスゴミ規制は必要だわ】
「Journalism」の、奥山さんの上杉さんへの反論記事。/
後半の方が興味深い。
「主な書き手は朝日新聞の記者たち」というのは違うと思うけど、同誌が紹介されるのはよいことだと思う。
NEWSポストセブン
2012.07.15 16:00
アマゾンでポチした Journalism 2012年7月号 RT @inve333: わろたw RT @norikan2: 書きました→NEWSポストセブン|朝日新聞記者が書いた反論記事が話題
「朝日新聞大阪社会部デスクの稲垣えみ子記者による橋下徹・大阪市長を巡る報道の内側」興味深いRT @hiromatsuwataru NEWSポストセブン|公称2000部の月刊誌…反論記事が話題
わろたw RT @norikan2: 書きました→NEWSポストセブン|公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題
公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題: ツイッターで火が付いた「小さな雑誌」がネットで大きな話題になっている。7月10日に発売になった朝日新聞社発行の月刊誌「Journalism」7月号だ。元々はジャー...
書きました→
(承前)朝日新聞が生きるか死ぬかの戦いの相手と考えた方がいい》
以上

記事本文: 公称2000部の月刊誌で朝日新聞記者が書いた反論記事が話題│NEWSポストセブン

関連記事