TOP > その他のニュース > 櫻井よしこ氏 中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法を解説│NEWSポストセブン

櫻井よしこ氏 中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法を解説│NEWSポストセブン

「NEWS ポストセブン」は小学館が発行する「週刊ポスト」「女性セブン」「SAPIO」「マネーポスト」4誌を統合したニュースサイトです。各誌の最新記事・コラム等をネット用に再編集し、掲載するほか他のニ...

ツイッターのコメント(41)

中国がウイグル族
領土奪取した狡猾手法を解説
(NEWS ポストセブン)
怖い・・・
日本の軍国は過去、中国は現実!なぜ左派は過去にとらわれる? それとも未来だけをみているのか? 現実から未来につながるのに…
一つの中国のスローガンもと、日本も自治区にされ、同じようになるのか?まずは、沖縄自治区命名を狙っているのか?戦わず滅びるのか?
中国にはウイグル人口減少もウイグル人の未来も、ウイグル文化も何の意味もない
必要なのはウイグル人の「領土」と「資源」
NEWSポストセブン
中国政府がこれまでどんな事をして来て、これから何をしようとしているかを知れば、今の日本が受けている侵略主義には最大限の構えが必要だと判断出来るはずだ。
ウイグル人にすさまじい弾圧を加え、虐殺を繰り返すとともに、結婚適齢期の女性たちを親元から離し、沿海部の工場などで働かせつつ、中国人化教育を…
@itbe4  中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法解説 ポストセブン
( ) _”

よしりん?北欧イルカ漁擁護の、あの論法はいや
2011年にすでに看破している
自公民が、国会をは不正選挙でジャックした狡猾手段を解説してよ先ずは自国反省“@officematsunaga:
|NEWSポストセブン

しないよね、自公民の子飼いなジ解説者
|NEWSポストセブン

中国覇権主義の拡大ぶりは、誰でもわかるようになった。それをスルーするマスコミやメディアって「何だ?となるのは自然なこと」はオイラ記者
。皆様!南半球国のあの手法と類似か?⇒ ) ^
★狡猾な国だな。沖縄の政治家たちはどこまでこの残虐な地獄の帝王に首輪をかけられたのか。用なしになれば理由つけて拘束あるいは惨死だろう。新潟もね。
ウイグル人の解放を!“@aisxin: 【】中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法を解説=櫻井よしこ氏(NEWSポストセブン) ”
『 』

東トルキスタンを軍事力で奪った中国は、ここを新疆ウイグル自治区と命名し、漢民族を大量に送り込む。ウイグル人にすさまじい弾圧を加え、虐殺を繰り返す。
どんな国家でも過去に似たようなことを経験してそうだけど、それがまさに進行中なのが中国。
。皆様!南半球国のあの手法と類似か?⇒ ) ^
中国覇権主義の拡大は、とどまるところを知らない。尖閣諸島が浮かぶ東シナ海だけではなく、南シナ海、インド洋、中央アジア、アフリカにまでその触手を伸ばしている。中国はどのように領土を拡大してきたのか、ジャーナリストの櫻井よしこ氏が解説
東トルキスタンを【軍事力】で奪った中国は、新疆ウイグル自治区と命名し、漢民族を大量に送り…弾圧…虐殺を繰り返し…適齢期の女性たちを…親元から引き離し中国人化…ウィグル人口減少…
中国は3人集まると即懲罰
日本のマスコミはどんどんこういう事実を国民に知らせるべきだ。上海虐殺どころではない悪行を行うのが中国共産党だ。
数年前に記事ですが、中国の本性を描いていましたね。今になって、櫻井女史や金女史の言っていた事が正しかったですね。>
ウイグルへの漢民族の大量流入、弾圧、虐殺、結婚適齢女性の沿海部へ強制移動と中国人化。ウイグルに残った男性は結婚できず。ウイグル人の人口は減少。
ウイグル人への弾圧、虐殺、結婚適齢期の女性を親元から離し、沿海部へ送り込み、中国人化教育。ウイグル自治区に残った男性には結婚相手がいない、人口は減少し続ける
中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法を解説ー日本の政財界は、この事を知っているのか?またウイグル人虐殺の張本人は習近平であることを!非法な手段を使ってチベットも然り。こんな男が首相の国、中国と国交すればどうなるか!?
支那人流入、新潟や名古屋の土地売却は偶然ではない。▶
中国覇権主義の拡大は、とどまるところを知らない。尖閣諸島が浮かぶ東シナ海だけではなく、南シナ海やインド洋、さらには中央アジアやアフリカにまでその触手を伸ばしている。これまで中国はどのように領土を拡大してきたのか だって。
「 中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法を解説」
中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法
櫻井氏、やはり詰めが甘い。なんで亡霊政府だかの漢族二千万だかの数字を使うか。 中共発表数字だけで批判可能だし説得力がつく。RT @tetsutaro2010: 櫻井よしこ氏 中国がウイグル族領土奪取した狡猾手法を解説
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR