Nature ハイライト:量子反作用に耳を傾ける | Nature | Nature Research

3コメント 登録日時:2019-04-18 11:35 | Nature Asia-Pacificキャッシュ

Natureは、毎週木曜日発行の国際的な総合科学ジャーナルです。掲載される論文は、独創性、重要性、社会性などの観点から査読を受けたもので、時に、科学界のみならず社会にセンセーションを巻き起こすことさえあります。また論文以外にも、社会的関心の高い、信頼性のある科学関連ニュースや、News & Viewsなどの解説記事、社説や批評などを掲載し、幅広い視点から最新の科学をお...

Twitterのコメント(3)

"干渉計重力波検出器の特徴である高出力レーザーはショット雑音により生じる位置不確定性を小さくするがその際、反作用が量子輻射圧雑音(QRPN)の形で現れる。Advanced LIGO, Virgo 3, KAGRA など検出器がその感度に達した際は将来の運用はQRPNによって制限されると予測される"
量子輻射圧雑音を測ったところ、理論モデルの予測と一致したのだそうです。

Nature ハイライト:量子反作用に耳を傾ける
量子光学: 量子反作用に耳を傾ける (Nature Research)
以上

記事本文: Nature ハイライト:量子反作用に耳を傾ける | Nature | Nature Research

関連記事