TOP > 科学・学問 > オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認 | 奈良県立医科大学

オゾンによる新型コロナウイルス不活化を確認 | 奈良県立医科大学

ツイッターのコメント(12)

Facebook でフレンドさんが話題にしててびっくりw



ま、オゾンは殺菌作用だけでなく
人体への悪影響がある、
とも言われてるからなぁ。。。w
大学の専門家という人が「プラズマクラスターイオン」をどう定義してどういう実験環境の結果どうなったのかが知りたい。
オゾンならすでに報告はある。
いつどうやって実用化されるのだろうか。気になる
@okayama0902 低濃度オゾン空気清浄機が対策に良いようです。
一報告のみ。
実験手法の詳細は不十分。
一般環境に安全に使用して効果があるか、エビデンスとして弱い。

奈良県立医大プレスリリース
’(世界初)オゾンによる新型コロナウイルス不活化確認 '
オゾン濃度6ppmってどのくらいなのか、どうやってその環境作るのかな?
(世界初)オゾンによる新型コロナウイルス不活化確認 (奈良県立医科大学)
特定の条件下で高濃度のオゾンガスを使うと、新型コロナを不活化できることを世界で初めて確認した、とのこと。
日本の救世主になれたら良いのになぁ!
オゾンは感染を広げにくい環境に効果ありと研究結果でました

当店では既にオゾン発生機能付き清浄機を稼働し続けております
補助金でオゾン発生装置を買います

とある研究によれば人にも影響の出るくらい高濃度なら新型コロナウイルスも不活化するという1つの結果が出たそうです。



個人的には息子の靴の臭いも脱臭できればとも思っています。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR