TOP > 科学・学問 > 「第二の地球」の公転軌道面は傾いていない | 国立天文台(NAOJ)

「第二の地球」の公転軌道面は傾いていない | 国立天文台(NAOJ)

13コメント 登録日時:2020-05-14 15:59 | 国立天文台キャッシュ

すばる望遠鏡を用いた観測で、太陽系外惑星系「TRAPPIST-1」の惑星の公転軌道面は、太陽系の惑星と同様に、主星の自転軸に対してほぼ垂直であることが分かりました。...

ツイッターのコメント(13)

TRAPPIST-1の惑星の公転軌道面は主星の自転軸に対して傾いていない。
すばる望遠鏡の新観測装置IRD(InfraRed Doppler、赤外線ドップラー装置)による成果。
そこまで分かるんだ!?
TRAPPIST-1(トラピスト1)
面白い。
実に安定している。

〈国立天文台〉「第二の地球」の公転軌道面は傾いていない|2020年5月14日 | 《情報紹介:計量計測データバンク》
以上

記事本文: 「第二の地球」の公転軌道面は傾いていない | 国立天文台(NAOJ)

いま話題の記事