TOP > 科学・学問 > 史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る | 国立天文台(NAOJ)

史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る | 国立天文台(NAOJ)

398コメント 登録日時:2019-04-10 22:14 | 教育・学術機関(ac.jp)キャッシュ

イベント・ホライズン・テレスコープは、地球上の8つの電波望遠鏡を結合させた国際協力プロジェクトであり、ブラックホールの画像を撮影することを目標としています。2019年4月10日、研究チームは世界6か所で同時に行われた記者会見において、巨大ブラックホールとその影の存在を初めて画像で直接証明することに成功したことを発表しました。...

Twitterのコメント(398)

あとブラックホールのやつで学部で1つ下だった方が活躍されてるのに今頃気づいた ≫
@__o_w_ これやしぃ!
岡崎のどんちゃんに行けば「ブラックホールの直接観測」なんて簡単なのに…と戯れたことを考えてしまいました.ゴメンなさい

(本家)
このニュース未だに読みたくなるんだよね
ブラックホール観測についてはこれを見てもらえるとわかるのだー
……書き方が少しわかりづらいけど、要は光るガスの手前にブラックホールがあれば、来るはずだった光が来ずに影のようになるよねってことなのだ
今日の で出てたニュース
ロマン溢れる研究成果ですわヽ(・∀・)ノ
死後の世界は
無いとされてきた
科学の世界
太陽の死後の姿
見えないはずの
ブラックホールを
とらえた貴重な写真
ブラックホールは10億度。太陽は1000度。どうやって測るのかしら。

んも〜。宇宙が大きすぎる。
わっかになってるオレンジ。
世間と比べてうちのTLであまり話題になっていないので、6つの論文ざっくり読んでみた。めっちゃスパース。/
でも最近熱いのは地上の天体望遠鏡だよねぇ~イベント・ホライゾン・テレスコープだったっけ、めっちゃカッコイイよなぁ……X線天文衛星が見つけるのが先だと思ってたブラックホールをまさか大気圏という縛りがある地上の天体望遠鏡群が見つけるとか……あっURL貼っときますね
明日に向けての予習、ブラックホールについて。日本人にとっては、M87というのもアガるよね。



先生
事象境界観測仮想電子望遠鏡<イベント・ホライズン・テレスコープ>
各地の望遠鏡を電子的に接続して地球規模の仮想レンズを構築した電子望遠鏡とかSF的胸熱
ブラックホールの話も、流れてくる情報見ても全然分からないので、国立天文台の元の発表読んだけど、やっぱり分からなかった。



ただ、世界に散らばる200人以上の研究者のチームワークって、いったいどうやって組織され、運営されたのか、ちょっと気になる。
つか 笑える←分かる人には分かるwww
@DeepSachi 近頃初めて撮影に成功したブラックホールも側を通る光の粒の集まりによってその影を捉えることができたそうです。同じようにあなたの一つ一つの言動もあなたの人格を形作る光なのですから妥協してはいけないと思います。あなたらしくいればいいですよ。😄👍


炭素と科学
2019年04月17日
テーマ:├ 炭素/酸素
 
出典:国立天文台:

地球サイズの電波望遠鏡で、
楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る



@gustaaaaaav

だいぶ遅いけどこれの下の方行くと解説あるよ
@a_o_hi_to 「ブラックホールの周囲を光が通り、ブラックホールのあるところだけ暗くなる(=ブラックホールの影が見える)ことが理論的にわかっていたので、それを見ようとした」かとー
記念貼付け
😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊😊
史上初、ブラックホールの撮影に成功―地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホール

イベント・ホライズン・テレスコープを構成する各望遠鏡は、物理的につながっているわけではありませんが…精密な原子時計…正確に同期
観測は2017年4月…波長1.3mmの電波
吐き出したガムの画像
世界が同じ目標に向かって、手を取り合った時、起きる可能性のデカさを感じるニュース。
宇宙からしたら、みんな地球人。人類皆兄弟。
でもホールじゃないよなあって思う。物質の固まりだからね。
穴じゃないよね。
むしろブラックボールじゃないかと思う。
ブラックホールというと超高密度のような印象があるが、太陽の65億倍の質量を持つこのブラックホールの密度は水の数千分の1しかない。気体よりは重い程度。
@siri_rf
このページのしたのほうにある論文には詳しく書いてあるかもですね
@prcnaoj
おー!なんで球体に見えないのかわかった。後で全文読む
すごすぎる!ゾクゾクするー!!
↑このブラックホールのシュワルツシルト半径(画像の黒いシャドウ)は概算で190億kmでしょ。😲
見えないものを見ようとして望遠鏡を覗き込んで撮影したのがこちら
ブラックホールシャドウについての説明がある。なんとなく分かったような気もする。
ブラックホールが凄いらしい。
が、湖民の私は、今は、の写真の方が大スクープである。

という感想を本垢で呟いてしまった失態の朝💦

|ニュース - 研究成果|国立天文台(NAOJ)
編集部安藤です。今週はなんといってもブラックホールが実在する証拠とも言える写真が公開され話題となりました。ではここでデイリーで過去に公開されたブラックホールの存在をにおわせる記事をいくつか紹介します。
かんちがいしてたけど。よくわかんなくなってきた。
「イベント・ホライズン・テレスコープ」のネーミングだけでキュン死ww
ブラックホール撮影ですが、成功したのは「イベント・ホライズン・テレスコープ」というプロジェクト。
これは地球上の8つの電波望遠鏡を結合させ、何と地球サイズ!😬の望遠鏡として観測するものです。
その1つ、アルマ望遠鏡のサイトにも詳しい解説があります↓☆西野
これエージェントの証しよね?
ブラックホールシャドウ ってのがあるんさね
すごーい!

「ブラックホールの重力によって光が曲げられたり捕まえられたりすることで、ブラックホールシャドウが生まれます。」
これがみんながよくグルグル描いてる、あの「ブラックホール」なんですって!🛸👾💫🚀🌐
真ん中の黒い部分が事象の地平面ってことで、周りの明るいところは、膠着円盤の光ではなくて、曲げられた光ってことでいいのかな?
M87のブラックホールの観測結果,すごいですね.

このブラックホールは事象の地平線まで400億kmと言われていますから,今回公開された画像は数億km/pixelといったオーダーの解像度でしょうか.
6000万光年先を,長波長な電磁波でこの解像度.本当に凄いです.
やっぱり事象の地平面そのものではないようだ。そのまわりの暗い領域とのこと まあこれを「直接の撮影」と言わないなら、反射光を撮る普通の写真も「直接」といえるのかって話になるから、納得しておこう
ブラックホールの撮影に成功。

地球から5500万光年の距離、その質量は太陽の65億倍。もうわけわかめ。

世界の8つの望遠鏡が連携し、撮影に成功したそうで、なんか、イイですね。
ニュースウオッチ9でブラックホール撮影の取材をしたリポーター、周りの光は重力に捉えられて回っている光のような言い方をしたけれど、軌道を曲げられた光なような…?(周回していたら見えないはず…) <光史上初、ブラックホールの撮影に成功|
アインシュタインの一般相対性理論で約100年前に予言されたことがついに観測!! 国際的な協力のもと、長い年月を経て証明されるという、科学のロマンが詰まった出来事です!
胸熱過ぎるプロジェクトX。

“すべてがあわさって初めてブラックホールと事象の地平面に対するまったく新しい窓を開くことができたのです”

→ ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る|国立天文台(NAOJ)
M87のブラックホールの直径は400億km、これは太陽と海王星の距離程度らしい。
銀河系外の太陽系サイズのもの分解しちゃうなんてすごい
スパースモデリング使っているのは見た事になるのだろうか?
世界各地の望遠鏡を繋いで一つの望遠鏡のようにする。宇宙は果てしなく大きいが観測する側のスケールも大きい。 /
あとで読む
さて、早く仕事片付けて今夜もちょっとブラックホールまで行ってくるか(; ・`д・´) >
「イベント・ホライズン・テレスコープの各望遠鏡は1日350テラバイトという膨大なデータ」



コンピュータやネットワークの進化はそこまで加速しなくて良いんじゃないかと思ったけど、これみると全然物足りない・・・。
国立天文台からのプレスリリース。叡智の結晶ともいうべき過程と成果だったのですね、すごいですねえ(^^)
まさにエイリアンテクノロジーだね👽👾
何が感慨深いって、ウルトラマンの故郷のM78星雲は元々M87になる予定だった。誤植で78になった訳だけど、実際にはM87の中心部はブラックホールっていう…,
⇒ -ニュース - 研究成果|国立天文台(NAOJ)
昨今の新しいデジタルカメラのデータは巨大で大変だ─と思っておりましたが,EHTに比べれば可愛いものですね💦

各電波望遠鏡が1日に生み出すデータは350 TBとのこと…📡

世界に散らばる望遠鏡からデータを集めるのはネットワークではなく,HDDの空輸だそうです✈️
事象の地平線って、Event Horizonだったのか。。。 /
@yakeiun
厳密には今回観測されたのはブラックホール・シャドウと呼ばれるもので、
光すら抜け出せない周辺領域=事象の地平面、が作り出す影らしいですね。その事象の地平面の中心部、ブラックホールの本体である特異点は現時点で直接観測する手段はないようです。
@neto_uyoko 世界の8つの電波望遠鏡を使って仮想的な地球サイズの電波望遠鏡として機能させて、5400光年離れた超巨大ブラックホールの撮影に成功。

世界中の研究者の皆さんが力を合わせて不可能を実現させる。

未来に希望を持てる素晴らしいニュースだと思います。
( *・ω・)ノ
ブラックホールが見れるほどの望遠鏡があるのにも関わらず宇宙人が見つからないということは…宇宙人いないのでは?
でも私は宇宙人いると思うよ()
アホな政治家や日本の暗い未来はどうでもいいとして、一番ホットな話題はこれだね!めちゃくちゃワクワクする~♪
アツイなー
地球サイズ規模の電波望遠鏡とか、もうSFがほとんど現実となっていくなー
くらいのどうやって撮るのか興味あったので公式見てきた。オレンジは他の星の光なんだね
そういや、ロードオブザリング味あるな。:
@rikst_foxer このページの解説がわかりやすいかも

その絵は降着円盤のことだと思うけど、そいつとかからの電磁波がブラックホールの重力で歪んだ結果があの画像だね
ほんと素晴らしい。
このニュースの歴史的な成果を
かみさんに必死に説明するのだが
穴の中照らせばいいじゃん…程度にしか
理解してくれない
観測方法がロマン溢れる方法で鳥肌がたちまくり。これはもっとほかの天体に使用してどんどんいろんな謎を解明して欲しい
イベントホライズンテレスコープに軽い既視感
ブラックホールは、光さえも抜け出すことができない完全に真っ暗な天体です。。←この時点で??となりますww
ブラックホールの写真だそうです。技術の進歩ってすごいですね!ちなみに周囲の光輪は、ブラックホールに引き寄せられている光なんだそうです(´・ω・`)//
@Rainykitten4423 国立天文台の「一枚にまとめてみた」がわかりやすかったですよ!
赤いぼやっとしたのは、ブラックホール周囲のガスの光だそうですー!
「ブラックホール写真」のあの輪っかは、要するに重力レンズのど真ん中をドアップで見てるってことで良いのかな。で、事象の地平線に対応する円の部分からは光がこっちに来なくて影になると。
感動するね!
私たちは、『スパース・モデリング』と呼ばれる新しい手法をデータ処理に取り入れました。
とてつもない偉業やで.
門外漢からすると、これまでに知られている重力レンズ効果なんかと何が違うのかわからないのだけど、解像度が高いため、シミュレーションの結果と併せ、構造・運動などの解析ができることが肝なのかな?:
すげーなぁ
ていうかブラックホールって天体だったのか
穴だと思ってたわ(笑)
ブラックホールの話って永遠に読めるよね(ΦωΦ)
ものすごくワクワクする展開!→
@jullienmintz
このページの下の方の脚注にありますね。
直径400億kmですね。

> M87の中心にある巨大ブラックホールの場合、事象の地平面の大きさはおよそ400億kmになります。
観測結果判定のAI化が進むと、こういった『見える筈なのに見つからない』タイプのものは、どんどん新規発見されるのかもな……。 /
ああ、何というか、どこの国のメリットにもならないことを、ただただブラックホールが見たい一心で世界が手を繋いでやりとげたことに感動→
こういう、見えないことで見えちゃうっていう逆説的なやつって好き。
ドーナツ。
地球サイズの仮想望遠鏡とかわけわからんけどなんかスゴい。
なぜ今まで見えないものが見えるようになったのか。新しい概念はなくてHW.SWの進展で分解能があがり光の濃淡がわかるようになった、ってことかな。
ブラックホールの「直接観測」を目指す国際研究チームは昨日、M87銀河の中心に位置する超巨大ブラックホールを撮影することに、人類史上初めて成功したと発表しました(下写真)。世界中の電波望遠鏡をつなぎ、地球サイズの大望遠鏡として観測することで達成した偉業です。
イベントホライズン、シュワルツシルト半径、クエーサー、ワームホール。ブラックホール関係の用語はこう厨二心をくすぐるよね。 /
史上初、ブラックホールの撮影に成功--国立天文台 |
M87星雲というと、ウルトラマンのM78星雲がM87の書き間違いだったという話と、ペリーローダンの第6サイクルの舞台だったのを思い出す。 /
遂にここまできました❗
最近の天文学の進化は目を見張る速さで、毎日がわくわくです✨
ロマンみが深い
8つの電波望遠鏡をつなげると地球と同じサイズのバーチャル望遠鏡ができる、という話も大きいのだが、その望遠鏡で撮影したブラックホールの総質量が太陽65億個分!だ、という話がデカすぎてよくわからん。
地球上に散らばった8人の能力者が同時刻に力をあわせて云々みたいな妄想を掻き立てる「イベント・ホライズン・テレスコープ」 /
イベント·ホライズン·テレスコープ。語感は科学的でカッコ良いんだけど、どうしてもあのホラーSFを思い出してしまう。あちらはホライゾンだったけど。
写ってないところがブラックホールと分かるってことなので、ブラックホールを撮影って表現は違和感あるなぁ。
昨日から私の心はブラックホールにとらわれている…。☆☆★☆☆
もう一回相対性理論勉強しようかな…いやでも算数からやろうかな…
むしろ、国語から…。
鳥肌立った〜!(”月面に置いた野球のボールを地球から見た時の大きさ”ってww) |
ブラックホールってほんとにあるのか!と、ワクワクさせるニュースでした :D
プロジェクトの詳細が分かる。こういう国際協力は大好き。→
すごい。関係者の人達、おつかれさまでした、おめでとうございます。多くの国や機関が連携した、人類規模のプロジェクト感があって胸熱。 /
望遠鏡を仮想連結とかかっこよすぎ…
@mutsukoinui 波長1.3mmってリリースというか天文台からの文書にありましたよ。
ぬぉぉぉぉぉぉ!!!
おぉぉぉぉぉおお!!
| 国立天文台
>1日350テラバイトという膨大なデータを生み出し、ハードディスクに蓄積されました
南極のデータを持ち帰るのを半年待ってた、って仰ってたけどこりゃネットで送るのは無理だ
半可通のマスコミの記事なんかよりも、ここの解説の方が分かりやすい。

「 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る」
「お。ついに!」ってのは科学好きな人の反応であって、一般的には「え?これが初めてなん?」だろうとは思う。
イベント・ホライズン!!!
>>

|ニュース - 研究成果|国立天文台(NAOJ)
ブラックホールは重力レンズだしこの絵のような状況でもこの絵のようにはならない…ましてそんな光源がブラックホールのあっちから照らしているのは奇跡的な状況…連星の片割れがx線星になってるとか…学者は事象をきちんと説明しないと…論文には書いてるか
宇宙の中では発展途上星。まだまだ楽しみは沢山ありそうだー。
ブラックホール撮影成功の件、やはり国立天文台の記事が一番丁寧に書かれていた。まじですごいわ。
ブラックホールは見えるんだねぇ
とりあえず,スマホの壁紙をブラックホールにした.
ふと思ったんだけど、ブラックホールの重力に閉じ込められて光が出てこられないことと、宇宙の果てが光速で膨張していてその外には出られないことは似ている。ということは、ブラックホールの内部には別宇宙があるのでは?ググったらそういう説もあるみたいね。
生きている時にブラックホールの画像を見ることができるとは...思いもしなかった
国立天文台のプレスリリースが非常にわかりやすいので、一読をおすすめする。
/ 大規模な撮影の仕組みと日本チームの頑張った所が書かれている
「M87星雲より!」
というかオレンジと黒で魔空空間そのもの。「魔空空間に引きずりこめ!」
僕の作ったものが関わられてて幸せでした、ありがとう
国立天文台も撮影と表現してるのね。
スパース・モデリングってサイエンスZEROでやってたやつやな
特ダネの解説者が口開けてポカーンとついていけないくらい何万光年も遥か遠くの解説をお茶の間の皆さんがピン!とくるはずがなかろう。
快挙ですね!!
ブラックホールの話、海外メディアは「映像化」とか「初の画像」とか妥当な表現なのに、日本メディアは揃って「撮影」なのどうなのよ…。
と思っていたら、国立天文台が堂々と「撮影」とリリースしてるんかい。
世界6ヶ所で同時に行われた記者会見🌟天文科学者ってすごい✨
イベント・ホライズン・テレスコープだとか、乙女座のM87銀河だとか、単語聞くだけでなんとなくテンションあがる⤴️SF好きの性。
「イベント・ホライズン・テレスコープ」実にカッコいい響き!
すごいな( ´∀`)
学術的にも素晴らしいのだろうけど、ロマンだわー。
スパースモデリング!
地球サイズの電波望遠鏡って、どーゆー事だってばよ(笑)
事象の地平線はシャドウの40パーセントくらいなのね
ものすごく簡単に言うと望遠鏡は大きければ大きいほど解像度が上がる。今回は地球各地の望遠鏡を繋いでひとつの(地球サイズの)巨大な望遠鏡と見立てて観測を行い成果を出している点が画期的なのである。
とってもわかりやすい。
ブラックホールの存在は確実に証明された
ブラックホール撮影ですってよ!読んでたらよくわからないけど胸アツになってしまった
ところで炎のような赤で明るい部分が3つあるようにみえるけど、これ「燃える三眼」なんじゃ……

@prcnaoj
公開されたブラックホールの写真、インターステラーに出てくるやつと似ててやっぱりノーランすげえ。 / ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る|国立天文台(NAOJ)
ブラックホールシャドウ!!

重力波は観測され、こんどはブラッホール!

素晴らしい科学の進歩
もっと見る (残り約248件)

記事本文: 史上初、ブラックホールの撮影に成功 ― 地球サイズの電波望遠鏡で、楕円銀河M87に潜む巨大ブラックホールに迫る | 国立天文台(NAOJ)

関連記事