TOP > 科学・学問 > ダークマターは原始ブラックホールではなかった!? | 国立天文台(NAOJ)

ダークマターは原始ブラックホールではなかった!? | 国立天文台(NAOJ)

13コメント 2019-04-02 16:12  国立天文台

すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ HSCで得られたアンドロメダ銀河のデータを詳しく解析した結果、原始ブラックホールがダークマターである可能性が低いことが観測的に初めて明らかになりました。

ツイッターのコメント(13)

ウワァマジか。
ダークマターと聞くと、ついつい厨二病的な妄想がモヤモヤしますw
〈国立天文台〉ダークマターは原始ブラックホールではなかった!?|2019年4月 2日 |研究成果| 《情報紹介:計量計測データバンク》
ダークマターの正体を探る、力技エクストリームな観測。アンドロメダ銀河の中の「恒星」9000万個の明るさの時間変動を測定して「原始ブラックホール」による重力レンズ効果による1時間オーダーでの変動を「1個」キャッチ。
国立天文台よりピックアップ。
最近ダークマターに関する記事多いけど、我々が生きている間に解明されるのだろうか…?🤔
面白い。本題とは関係ないけどその一例はなんだろ。 /
似たようなことを研究していまふ
はぁ……

『 - 研究成果|国立天文台(NAOJ)』
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR