TOP > 科学・学問 > ガス雲を振り回す野良ブラックホール-天の川銀河中心の近傍に潜む中間質量ブラックホールのより確かな証拠- | 国立天文台(NAOJ)

ガス雲を振り回す野良ブラックホール-天の川銀河中心の近傍に潜む中間質量ブラックホールのより確かな証拠- | 国立天文台(NAOJ)

12コメント 登録日時:2019-02-12 14:40 | 教育・学術機関(ac.jp)キャッシュ

アルマ望遠鏡がとらえた「見えない重力天体」。天の川中心付近にある特異な分子雲は、これまでに確証の得られていなかった中間質量ブラックホールに振り回されたものでした。...

Twitterのコメント(12)

〈国立天文台〉研究成果 2019年2月12日|ガス雲を振り回す野良ブラックホール-天の川銀河中心の近傍に潜む中間質量ブラックホールのより確かな証拠-| 《情報紹介:計量計測データバンク》
『太陽の3万倍もの質量を持つブラックホールの存在が明らかになった』
3万太陽質量って、中間質量ブラックホールのなかでも、かなり重いな。重力波観測もそうだけど、技術の進歩で今まで見えていなかったブラックホールがどんどん見つかって来てる。面白くなってきた。
|ニュース -
地球が属している銀河は天の川銀河です。
ブラックホールはまだまだ謎が多いです。
野辺山のポスドクの竹川さんの成果です。
以上

記事本文: ガス雲を振り回す野良ブラックホール-天の川銀河中心の近傍に潜む中間質量ブラックホールのより確かな証拠- | 国立天文台(NAOJ)

関連記事