TOP > 科学・学問 > www.nakahara-lab.net > 「学ぶことにはお...

「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!? | 立教大学 経営学部 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する | NAKAHARA-LAB.net

15コメント 登録日時:2019-02-15 07:31 | www.nakahara-lab.netキャッシュ

立教大学 経営学部 中原淳研究室 中原 淳のブログです。経営学習・人的資源開発に関する研究知見、エッセイ、日々の日記が更新されています。...

Twitterのコメント(15)

学ぶことには少なからず
お金がかかるのです。

それを無料で!
なんで無料じゃないんですか?と
与えてもらえることが
当たり前になってしまっては
いけないなぁと思っています。
学びは投資というのはかなり同意。学生時代よりも強く感じるし当たり前だと思う。いいね
10代までは自腹切って学ぶことはなかったけど、今は書籍代にセミナー代に出費がやばくて泣きそう。でも自分もコンテンツを提供する側の人間だから支払うべき対価はよくわかる

「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?
逆に言うと、教えることもお金がかかります。

労せず教えようとしているのも多いかもしれませんが、
やっぱり人が学んで実行していけるようになるには、
教えるほうも教えられるほうも時間もお金もかかる。...
同感。 いつもながらためになる立教大学の中原先生のブログ。
「学ばされる」ことに慣れすぎているのかもなぁ..
海外がどうか分からないけど、自発的にどの習い事したいとかどういうこと学びたいとかを小さいときから選択しているのかもしれない

>>「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?
ホントにお金はかかる……本買うのもね。。図書館で借りればいいんだろうけど、子育ての合間はKindleが一番読めるんだもの。。
ですです。
学びは自腹...。せやな。
"「学びにはお金がかかる」が、その場合は「学びはコスト」と考えるのではなく「学びは投資である」と考えることができないだろうか?"
学生との会話の中で
「本当は違うとこ(大学)に行きたかった。なんとなく来てる。」
「親が行けっていうから来てる。」
と、よく聴く。

『もったいないオバケ』召喚!!
タダじゃないんだもの、ここでグングン学んで!
もったいないよ!
学びは人生を豊かにするのだから!
そのお金はコストなのか投資なのか。どっちなのかがその先の大きな別れ道。
あなたは「学ぶこと」が無料だと思っていませんか?
あなたには「学びは自腹」という感覚がありますか?
あなたにとって「学びのお金」は「投資」ですか「コスト」ですか?
以前、中堅セラピストが「この参加費どこに流れるんだろうね?」と懐疑的に聞いてきた時
「そんなことも分からんのか…」と唖然としたこと思い出した。
¥1,000やで…
「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!?
「学びは自腹」という感覚、私からしたら当たり前。自己投資でもあり、娯楽でもあるのかも。お金はなんとかなっても、時間が、、
以上

記事本文: 「学ぶことにはお金がかかる」ー自腹で学んだことのない人にとっての「不都合な真実」!? | 立教大学 経営学部 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する | NAKAHARA-LAB.net

関連記事