TOP > 科学・学問 > 夏休みの宿題にだすのなら「書くこと」や「探究すること」をちゃんと「教えて」ほしいのです!:朝日新聞記事「読書感想文マニュアル、あり?なし?」に関する雑感 | 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する

夏休みの宿題にだすのなら「書くこと」や「探究すること」をちゃんと「教えて」ほしいのです!:朝日新聞記事「読書感想文マニュアル、あり?なし?」に関する雑感 | 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する

16コメント 登録日時:2016-09-25 10:39 | www.nakahara-lab.netキャッシュ

東京大学・大学総合教育研究センター准教授 中原 淳のブログです。経営学習・人的資源開発に関する研究知見、エッセイ、日々の日記が更新されています。...

ツイッターのコメント(16)

たしかに、一度たりとも教わったことはないや。
何書いてもいいよ、何やってもいいよ、くらいな。
「研究」とは何かわからない中で「自由研究」を宿題にする意義が問われる。
"読書感想文に関しても、夏休みの自由研究に関しても、事前にそれが何たるかを「教えられていない」ままに、大切な事を伝えられていないままに「宿題」としてだされ、それがきっかけで、これらが嫌いになっている子どもがいることの方が、よっぽど「大問題」です。"
我が積年のルサンチマンまで言う…わかるけど…
なぜやるのかという目的や、ゴールがちゃんと見えていないと教育者として大問題だと私も思います。
指導者(多くの場合親)の能力が評価を左右することがとても理不尽に感じているわけですよ。

朝日新聞記事「読書感想文マニュアル、あり?なし?」に関する雑感 |
本当にそうだよ!
全て家で教えてる。【 - 大人の学びを科学する】
激しく同意❗補習してます❗
これも同根の問題。「教えたこと」を評価すべし。
読書感想文・自由研究は"きちんと「教えたもの」を宿題にして欲しい"。嫌いな子どもが増えてしまう。公教育は子ども自身での解決、親だけの教育を前提していないはず。(中原淳先生/東京大学)※求めることと事前準備・促進の関係の参考になります。
「読書感想文と自由研究については、はっきり言いますが「放置」しすぎだと僕は思います」(ブログより)
課題図書のある読書感想文はまだよかった(原稿用紙の使い方からの指導だったが)。自由研究はテーマ決めからだったから大変だった。
オレも文章の書き方がさっぱりわからず親に教えてもらいながらイヤイヤやったものなあ。最低限、書き方を調べる方法をちょこっとレクチャーするくらいはやらないと。■夏休みの宿題にだすのなら「書くこと」や「探究すること」をちゃんと「教えて」ほ
以上

記事本文: 夏休みの宿題にだすのなら「書くこと」や「探究すること」をちゃんと「教えて」ほしいのです!:朝日新聞記事「読書感想文マニュアル、あり?なし?」に関する雑感 | 東京大学 中原淳研究室 - 大人の学びを科学する

いま話題の記事