TOP > 社会 > レクサス盗難を「空き缶」で防いだ男性 リレーアタック未遂に「二度と近づくな」- 名古屋テレビ【メ~テレ】

レクサス盗難を「空き缶」で防いだ男性 リレーアタック未遂に「二度と近づくな」- 名古屋テレビ【メ~テレ】

 電子ロックの情報を盗み、組織的に車を盗もうとする人物。犯行が未遂ですんだのは、誰でも出来る簡単な対策をしていたためでした。

ツイッターのコメント(77)

メーカー側が未だにリレーアタック対策出来てない時点であかんやろうとorz
キー側にオンオフの機能を付けるだけでも直ぐに出来そうなんだけどなぁw
 リレーアタック未遂に「二度と近づくな」- 名古屋テレビ【メ~テレ】
これから流行りそうな犯罪かな
へー(ヽ´ω`) うちの車は古すぎてキーレスには縁がないが、いつか新しくしたら気をつけよう…。
キャッシュカードも同じ方法でガードすると良いって聞いた事あるな🤔
なるほどな〜。最後の特にブリキ製は余計だった。
空き缶か素晴らしい!
いや自分なら、忘れそうで怖い! 朝とか冷蔵庫に財布入れて慌てて探してたことあったので!
大切な車の鍵は空き缶で保管しましょう!
こうやって防犯対策を犯罪者に紹介してるんだな。ドロボウの手引きしてんじゃねーよ!
リレーアタック、ハンドルロック。なるほどなぁ。
我が家も車の鍵は紅茶缶に入れています(笑)
隣の警察関係のお偉いさんはあてにできんから
拡散!車の盗難はこれで防げるそうです!
アルミホイルで包むのも有名だよね
車のキーをブリキの缶に入れておく…かあ。そういう鍵を入れておく為のケースが流行ったりして。

良いね~
簡単な対策!
未遂とはいえ2人の顔は晒すべきだろう。
缶缶に入れたら防げるのかー
オデッセイ は窃盗の話は聞かないけど一応覚えておこう
中国人窃盗団だろ
これは簡単にできる対策ですけど、電波を遮断するポーチは、既に市販されてますからそれも効果的ですよね!
^_^
こんなに簡単に防げるとは。
自分は盗まれるような車には乗って無いけど乗っている人は気を付けて!!
車持ってる方、ご参考に!!
ユーザーにこんな涙ぐましい対策をさせている時点でスマートキーなんかゴミ以下の欠陥品でしかない

毎回言っているがこんなゴミ欠陥品を設計開発&普及させた馬鹿以下のクズ共はマジで死んで貰いたい

馬鹿以下がものづくりの世界に関わるとそれだけで害悪にしかならない
防犯カメラ映像は基本的に全公開でいいよな
顔隠す必要なし
レクサス乗って無いけど、これは防犯対策には良さそう🚗
昨今リレーアタック対策は必要だが他の盗難方法も有るらしいから注意が必要だ。
これは意外な発見
みんな気を付けるんだよ🤔
わいは車ないから、そもそも盗まれないw
自動車盗難とかもう速攻で死刑にすべき
便利なはずのカギの誤作動を防ぐために昔から何かと役に立つ空き缶の中にカギを入れるとかねぇ。考えさせられます。
高級車を所有している方は盗難防止で実践しても良いのでは?
なぁんだ!
私はてっきり、空き缶をいっぱい繋げた紐をリアにわからないように取り付けて、盗んで走り出した途端<カランカラン❗カランカラン❗🔔🔔〝と缶が鳴るように💒🚗🔔〝仕掛けたんだとw

 リレーアタック未遂に(メ〜テレ)
簡単だから空き缶に入れるくらいはやったほうがいい。ウチは更に電波吸収シートを貼ってる。
なるほど、だな
これ、大事。
そういう方法があるんだ。
知らなかった。ブリキ缶ね!
これはお大事情報では
全国のスカイラインGT-Rオーナーの皆さん、これから旧車オーナーになりたいカーマニアの皆さんは必聴ですよ!
悪い人間にとっては詐欺と同じでいつまでも同じ手口が通用する世の中はチョロいやろな。
自分もカードキーはディーラーで買った電波を遮断するケースに普通のカギはお菓子の缶に入れてます。あとはハンドルロックですね。
単純だけどええね。
あんまり周りでは被害聞かないけど、アタックに弱い車種とかメーカーとかあんのかな。

(メ~テレ(名古屋テレビ)) - LINE NEWS
なるほど〜
スペア は缶にいれてあるが...。スマートキーって車からどのくらい離れたところに置いておけばリレーアタックされないんだろね?
なるほどー。これは拡散すべき。
詐欺、盗難、横領、損壊は被害額10万円につき1年の懲役にすればいい。
これはいいね
レクサスじゃないけれど、もう3回車盗まれてます😢
弟のクラウンはいまいずこへ??

空き缶に鍵保管🔑😮!!
今日からやろう。
リレーアタック増加でいい加減車のキーも対策ならないと
缶の中にキーを入れるだけ

これは簡単で良い盗難防止対策だな
レクサスやランクルオーナーには必見

盗人野郎は死にやがれ
レクサス盗難を「空き缶」で防いだ(メ〜テレ(名古屋テレビ))
もっと見る (残り約27件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR