TOP > 政治・経済 > 博士号でも生活困難 非常勤から抜け出せない「貧困ポスドク」の実態 | マネーポストWEB

博士号でも生活困難 非常勤から抜け出せない「貧困ポスドク」の実態 | マネーポストWEB

44コメント 登録日時:2019-05-01 16:16 | マネーポストWEBキャッシュ

博士号を取得しても就職難にあえぐ研究者が後を絶たないという(写真は東京大学・安田講堂) 大学院を卒業し、博士号を取得しても常勤の職にありつくことができない──。いま、そんな“高学歴ワーキングプア”として苦しむ研究者が後を絶たないという。平成に入って「大学院重点化」の施策が講じられて以来、博士課程修了者の人口が増...

Twitterのコメント(44)

「『お金を取ってくる研究者』が今の大学が求める人材」つーことは、真実を探求するという学問の使命を、大学で果たすことはできないということか。
当たり前だけど、思い切って(就活費用を借りて)仕事を探すか、自分で仕事を作らないと、よりよい待遇は望めない。博士号でもどこ卒でもTOEIC満点やTOEFL満点でも。
とどのつまり、需要がないことを無理にやろうとしているから、行き詰まるのではないか。
言葉もない→
【研究者の就職難で文化的な生活すら困難】 非常勤から抜け出せない「貧困ポスドク」の実態|マネーポストWEB 「非常勤講師を掛け持ち・文学部縮小の動きも」コマが増えても減っても地獄、結婚しても同居は無理、既に大学制度の基盤が崩壊している。
博士号を取ったら「棚ぼた」で飯が食えるとでも⁉️→
ある程度盛られているのでしょうけど、教育負担を理由に研究できないって言い訳にもならない。女性研究者が別居したくないから都内常勤に拘るとかご勝手にどうぞって感じ。
このコメント投稿者の多さ・・・。

お、俺も、、 、

東大まで出て、 ぅう、、

修士も出たのに、、、

ニートで生活が、、

せ、生活が、、、

く、苦しい、 ぅ、 ぅ、、
そして研究の道を選ぶ人が減り、この国は人口以外に学術の部分でも衰退して行く
大病院長の娘で、Fランとはいえ教授な奴が科研費を毎年のように取っているのを見ると、もはや日本の格差社会は転覆不可能に思える。
ただ。末端でもアカデミックな場にいられるだけマシ、と底辺な俺は思う。Ph.Dでレジ打ちやってる友人もいる。
…ビンボ自慢マウンティングw
もう何年もポスドク問題が言われていますが、解決の道筋は見えず。日本は文化・学問を大事にする国を目指すべきだと思うんですけどね。
高学歴貧困の実態➡
大学院は「卒業」するものではなく、「修了」するものでは?

わたしは「ポスドク」を「博士号を取得したのち、常勤職が得られるまでのあいだ非常勤講師などで生活している研究者」の意味ではつかわないな。
この中で結婚してすぐ別居は避けたいとの女性の発言があったが、私はまさにそれで、10年以上別居婚、その間2人を出産したがワンオペ育児だった。全て運任せだった。解決法はわからないが過酷だということは証言できる。
非常勤の実情は、概ねこんなところだ。もっとも、専任になれたからといって、問題が解決するわけではない。研究費どころか生活にも困窮する非常勤が、教育や雑務に追われ研究しない(できない)専任へとシフトするだけだ。問題の本質は「専任/非常勤」ではないのだが……。
31歳でDC1取っていた日本近代文学研究のひと
「グローバル系学部の新設など大学改革が進められている日本の大学だが、それを支えているのは非正規雇用で研究生活もままならない“高学歴ワーキングプア”の研究者たちだ。」
ポスドクの改革しない限り研究者はどんどん減っていく!
2年後の自分を想像するような未来…必死で研究して何とか生き抜くスキルを身に付けたい(切実)
大学の非常勤講師で1コマ5000~10000円ってひどいな。準備や移動時間等を含めると学生バイト並みの収入では?----
自分みたいに能力がイマイチな人は、さっさと見切りをつけて普通の企業に移るしかないよ。
欧米では博士は厚遇されていますよ。
ポストがなくて生活が安定しないから博士は勧められないって状況は良くない
ただ博士だから有能ってことはないし、ちゃんと研究してない人もいるからなあ
他人事じゃない
日本の大学を支えているのは非正規雇用で研究生活もままならない“高学歴ワーキングプア”の研究者たちだ。
問題提起の記事は大変ありがたいとのだが、もはや、ニュースでも何でもない状態になっていると思う。無期雇用の人と任期付きの人との格差が、能力差に比べてあまりにも大きすぎる。
文系理系を問わず,すでに優秀な学生ほど大学院への進学を目指さない状況になっている.今後,ますます日本の研究レベルは下がっていくでしょう.
平成を通して施行された大学院重点化政策。ポスドク問題の指摘は後を立たない。後世から世紀の愚作と言われかねない。
最近こういう記事良く見掛けるけど、文系の方の話ばかりのような気がする
…気のせい?
理系はどうなのかしら
※加計学園のようなところに金を回さないで、国立大学の専任ポストを増やせ。
この問題、好い加減止めないか。自分の意志で博士課程進んだんでしょ。その後のことも自分でやったら好いじゃない。メディアで一々取り上げることじゃにゃいな。(終)

非常勤から抜け出せない「貧困 」の実態-
気持ちわからんでもないが、正直社会のために必要な研究は注目されて金にもなるから...だから企業にも誘われるし、研究する時間もある。それができない自分に原因があるかも、と思うのも大事な振り返りだと思う。
博士号でも生活困難「貧困ポスドク」の実態-
これもね、深刻な問題だよね。→
そもそもアカデミックな世界に仕事はない、と割りきって職歴つけてから博士とったわい。
大きな未知領域もなくなりつつあり、研究もクラウドファンディングになるだろう。知識も検索で得られ、大学専門家の需要は減っていく。
研究職で平均年収300万と言われたわw

これさぁw
介護職の方が良くない?
博士号は資格であって給与を保証するするものではない

・高学歴ワーキングプア
・非常勤雇用
・不安定な生活

博士号は素晴らしい資格です
しかし、実益がないと給与には結びつきません

大学の仕事以外に資格を活かした働きが必要です

資格の使い方も大切
博士号までとって日本を多種多様な方面で発展させるための鍵となる学者たちを低給で放置しておくのは良くない
。なんか日本は現状維持ばっかりで投資が全然足りてないと思う。
「『お金を取ってくる研究者』が今の大学が求める人材ですが、それは研究者個人の自己責任論に結び付けられる危険性もある」

文系の分野ばかり取り上げられてるけど、理系も厳しいケースもあるよな…。
令和になったことだし、早くなくなれ「自己責任論」と「選択と集中」。
以上

記事本文: 博士号でも生活困難 非常勤から抜け出せない「貧困ポスドク」の実態 | マネーポストWEB

関連記事