TOP > IT・テクノロジー > 2018年8月は、VTuberのターニングポイントだ――輝夜月のVRライブに見た、VTuberの“これから” | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

2018年8月は、VTuberのターニングポイントだ――輝夜月のVRライブに見た、VTuberの“これから” | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

35コメント 登録日時:2018-09-03 19:35 | Mogura VRキャッシュ

8月31日に行われた「輝夜月Live@ZeppVR」。VTuberのこれからに対しての、福音のようなライブだった。 夢にまで見た「未来のライブ」が実現した日 https://www.youtube.com/watch?v=mP3My5vIoTs 輝夜月の今回のライブのメイン視聴方法は、家でVR...

Twitterのコメント(35)

| MoguLive - バーチャルを「楽しむ」ためのエンタメメディア
めっちゃおもろい記事だったわ
10年もしたらどんな世界になっているのか、生きるのがまたひとつ楽しみになってきた^o^
この記事熱気すごいですね。
神がかってる記事だった、必読 / (MoguraVR)
VR技術すげー…。世界は確実に進んでいるのに俺はなにをやっていたんだろう…こんな世界を作れる技術者になりたい…。今から間に合うのか?
平成最後の夏は新たな始まりの連発か
“儚い。だからこそ、観客はVR空間で脳をフル稼働させる。自分が見ている出来事を「体験している」と補完していく作業が脳内でバチバチに行われる。...自分はどこにいるんだろうか” / “2018年8月は、VTuberのターニングポイ…”
MoguraVRさんの記事に私のブログのリンクも載ってた、ありがとうございます🙏
Vtuber芸人、やっぱり輝夜月で完成してるのでは?
VTuberが今どんなことになっているのかよくわかるので、VTuber界隈にいない人にもぜひ一度読んでおいて頂きたい記事
体験してみたい(*´ω`*) 「彼女が笑顔にしたいのは、あくまでも現実の生活を送るあらゆる人間だ。バーチャルはリアルの幸福を増幅するもの。会場にとどまらず、現実に自分の足で帰っていけることで、幸せを持ち帰ることができる演出は、実に見事だった。」
楽しみでしょうがないわ!
出来けば関われるようなことをしていきたいなー
マクロスプラスの世界越えそう。現実の娯楽の大半は距離の壁と中抜き地獄がきついので早く流行ってほしいですねぇ
未来だ…インターネットがどこまでも世界を広げている…
正直、Vtuber界のスピード感と情報の密度なら、一月という単位で区切れば毎月ターニングポイントありそう。これからも。
話を聞いている限り、本当に歴史的なライブだったようだ… @moguravr
なんかね、この記事を見た後だから余計に感じた。技術の進化があれば、今まで通りの場所で歩き続ける人もいるし、人それぞれだなあと
「このライブにはドレスコードがあり、アバターは強制的にエビフライになる。」
記事内容が非常に面白かったです。
エンタメは、世界を確実に変えている
この話どこかで読んだぞ、と思って探したら 平井和正「殺す男」
いずれ芸能は観客の見立て、教養を補完するための情報提供になるのかな。
Vtuberは飽和状態、供給過多と言われている現時点で、この記事はめちゃめちゃ明るくて感動的だった(´。✪ω✪。`)
いろんな表現のあり方があっていい、みんな違っておもしろい、そう思わせる濃厚なレポート。
こういった記事見るたびに、えのぐは売り込みがいまいち足りないのかなって思ってしまう
「彼女が笑顔にしたいのは、あくまでも現実の生活を送るあらゆる人間だ。バーチャルはリアルの幸福を増幅するもの。」
歴史的マイルストンとなった2018年8月のV業界を総括するいい記事!
ドレスコード「エビ」 --
2018年8月は本当にターニングポイントとして未来の教科書に乗りうる
MoguraVR書きました。  輝夜月ライブ、電脳少女シロ生誕祭、MonsterZMATEライブ、バーチャルマーケットなど、脳みそがはちきれた8月
@tamagomago 出しました。ドチャクソ良かったです。
以上

記事本文: 2018年8月は、VTuberのターニングポイントだ――輝夜月のVRライブに見た、VTuberの“これから” | Mogura VR - 国内外のVR/AR/MR最新情報

関連記事