TOP > 政治・経済 > 米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」 | 外務省

米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」 | 外務省

84コメント 登録日時:2015-04-30 09:34 | www.mofa.go.jpキャッシュ

議長、副大統領、上院議員、下院議員の皆様、ゲストと、すべての皆様、 1957年6月、日本の総理大臣としてこの演台に立った私の祖父、岸信介は、次のように述べて演説を始めました。 「日本が、世界の自由主義国と提携しているのも、民主主義の原則と理想を確信しているからであります」。 以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招...

Twitterのコメント(84)

@AbeShinzo 以前、安倍総理が米国議会演説で「希望の同盟」と言ってましたが、改めてそれを実感出来ました。

日米両国民の多くもそう感じていると思います。
安倍晋三が2015年米国上下両院合同会議で行った講演内容をSNSで公開している。 その講演概要は、戦前、戦中の日本政府の無智無謀な行動と<実祖父、岸信介の功績を讃える。
まるで植民地総督の孫のような演説、日本の歴史に対する誇りの欠片もない。これが安倍首相の代表的な演説。:
“日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした。出会いは150年以上前にさかのぼり、年季を経ています。”
姑息に現在進行中の世界情勢に絡めたりせずに、アメリカへのリプライ好例。  
『焦土と化した日本に、子ども達の飲むミルク、身につけるセーターが(略)
 米国が自らの市場を開け放ち世界経済に自由をー』
「焦土」「市場を開け」の意味。
安倍総理の演説、改めてちゃんと読んだけど
TPP~あたりから読んでほしい、今まで培ってきたものを大きく変えるのは犠牲ももちろんあるだろうし様々な意見も飛び交うだろう、けど"島国日本"が良い方向に変われるならば、期待してもいいのかな
中傷・批判・揶揄に明け暮れる、愚かなる議員には辟易するばかり。呆れるばかりの日々は疲れる。あの時の安倍首相の演説を、斜に構えず素直に思い返し、本当に気持ちが救われる。思想・信条様々だが、私はこの志に賛同する。
@angelgammab
「希望の同盟へ」

今読んでも馬鹿馬鹿しい。
中国や韓国メディアはこの演説の言葉を私利私欲の為に誤報するのでしょうね。謝罪謝罪と言われますが、中韓両国戦時中は別物。共産党などは・・・(笑)嘘で国民を洗脳するの辞めたら?
思い返してみれば、オバマ大統領の広島訪問と、安倍総理の真珠湾訪問は、米国議会での素晴らしい演説が起点になっているように思う。
硫黄島にゆかりのある日米2人のゲストを招いての演説は、日米が昨日の敵は今日の友であることを示してくれた。
米国連邦議会の演壇にはファシズムの語源にして伊ファシスト党紀章でもあるfascesが掲げられている。貧困層の支持と防共により権力を掌握したムッソリーニを思う。今日米両院は、共和党に抑えられた。
安倍総理の「希望の同盟」演説が素晴らしすぎて涙が出る。
小池百合子がどんなに躍起になっても、自分を売り込んでも
絶対に敵わない存在。
「希望の同盟へ」(2015年4月29日(米国東部時間)) 知らなかったなあ
>日本は、米国、そして志を共にする民主主義諸国とともに、最後には冷戦に勝利しました。
書名、昨年の安倍総理の米下院議会での演説「希望の同盟へ」( )からとったそうですが、「東アジアの海洋秩序を維持するための手段」と限定した日米同盟に「希望」を被せると、演説の曖昧でふわっとしたニュアンスから途端に泥臭くなりますね。
安保法制を急いだのは「中国の脅威」が理由でもなんでもなく、アメリカと約束しちゃってるから。この外務省のHP「地域における同盟のミッション」のところ。

> 「戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます」
>下って1980年代以降、韓国が、台湾が、ASEAN諸国が、やがて中国が勃興します。


「希望の同盟へ」(2015年4月29日(米国東部時間))
有識者報告書を見る気になったのは、ふと、戦後70年談話の素となるそれが、  とかぶるところが出てくるのではないかと思ったからだったが、 違う方向へ夢想がいった
TPPに断固反対と自民党として公約したのに、総裁自らが『日本のリーダーシップで必ず一緒に成し遂げよう』と米国議会で演説。
そして自国民への説明や理解よりも先に、米国にて安保法案の成立を約束してしまった。

安倍総理 米国議会の演説
@seiyaph04 下の方に、それについて触れた内容が載ってます
「この法整備によって、自衛隊と米軍の協力関係は強化され、日米同盟は、より一層堅固になります。それは地域の平和のため、確かな抑止力をもたらすでしょう。
 戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます。」
ホントや。予告しとおな。
「日本はいま、安保法制の充実に取り組んでいます。」
「戦後、初めての大改革です。この夏までに、成就させます」
4月にこう言い切っちゃってたのだな。
この演説の日本語原文は谷口智彦内閣官房審議官が書いたといわれるそうです。そしてその原文は米国人のスピーチライターに外部委託したといわれるそうです。言語のニュアンスとは微妙です。
@rickdiascom  戦後の日本は、先の大戦に対する痛切な反省を胸に、歩みを刻みました。→アジアの発展にどこまでも寄与し、地域の平和と、繁栄のため、力を惜しんではならない。自らに言い聞かせ、歩んできました。   ですよね。
"Toward an Alliance of Hope." 「希望の同盟」
米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説(日本語訳外務省発表)
安倍総理の米議会演説 「私の苗字ですが、「エイブ」ではありません。アメリカの方に時たまそう呼ばれると、悪い気はしません。」そういえば あえて 「I'm not ABE 」に引っ掛けているのだろうかw
>>下って1980年代以降、韓国が、台湾が、ASEAN諸国が、やがて中国が勃興します。今度は日本も、資本と、技術を献身的に注ぎ、彼らの成長を支えました。
「希望の同盟へ」 外務省HPより全文掲載。映像もいいけどやっぱりじっくり理解するにはテキストが嬉しい。
希望の同盟【現代用語today】Alliance of Hope.
いろんな思考が渦巻いているのが見て取れる。政治の言葉の使い方はすごいなぁと思います。とっても戦術的で
切り取られた報道だとわからないもんなあ。
全文読むと知的でいい演説だとわかる。
この演説。日本人は読むべきだな|
安倍総理、米上下両院合同会議で演説
〜「日米同盟を希望の同盟へ」
全文読んでますと、すーっと涙が、自然と溢れました。安倍首相が最後に触れたキャロルキングの1曲、かけてます。

米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」
(2015年4月29日(米国東部時間))
原文大事。と言っても英語は読み切れないから公式訳を読む /
@pakutoma 外務省公式のスピーチ全文
韓国や日本の一部メディアで酷評される安倍総理の演説全文(公式)先の大戦に対しての反省を胸に刻み、改革を進めつつ希望ある未来へ―積極的平和主義を掲げ、さらなる歩みを進める力強い演説。
いい演説。確かにスタンディングオベーションするポイントいっぱいあるなぁ。すばらしい物語性。
安倍総理演説全文ってあがってたのか
{米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説」(外務省)   ←中身を読んだけど、TPPは推進、第二次大戦(WW2)の見解は従来通り、あとは米国へのヨイショ、それとグアム基地整備事業への資金協力、これは沖縄撤退後の受け皿かな?
どうして、この演説が「中韓への配慮に欠ける」と、「日本の報道機関」に非難されるんでしょうなぁ(;´д`)
実は…、いまだから言えることがあります。
20年以上前、GATT農業分野交渉の頃です。血気盛んな若手議員だった私は、農業の開放に反対の立場をとり、農家の代表と一緒に、国会前で抗議活動をしました。
東京オリンピック招致の際に福一をアンダーコントロールといった安倍首相、しかもゴーストライターの書いた文をたどたどしく読む姿に耐えられません。
@araipiyo 発音についての議論はさておき、米国向けによくできたスピーチ原稿だったぴよよ。全文ね、英語もあるよ→:米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」 | 外務省 -
米国議会の総理大臣演説の戦争の反省って米国に攻撃した反省を述べたって感じですね。それとアメリカ民主主義で農民大工の息子が大統領になれるっていうけど、大統領より偉いのは経済で金持ちには逆らえないのが米国なんだろうけど。。。
@konishihiroyuki ベイナー下院議長は総理の演説に感動して泣いてました、外務省HPの和訳全文を読んでください。
「希望の同盟へ」

(2015年4月29日(米国東部時間))
米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説(外務省)

ハリウッド映画の脚本を読んでいるような錯覚にw
アメリカ人が好みそうなツボをこれでもかって抑えているような気がする。
なんで、あんなに親米リベラルに媚売りまくってる言説が日本のリベラルには受け入れられないんだよっ!!?
よく出来た演説文。特にスノーデン中将と栗林中将の下りは改めて過去の悲惨な戦争を通して築かれた現在の堅固な日米同盟を象徴する内容だと感じる。
日米同盟の堅持、これは方針ではなく前提である。
会場で10回以上もスタオベを受けた演説の全文。史実に基づき、ホスト国の米国に花を持たせつつも日本の魅力や誠実さをしっかひアピールし、特亜の悪行を牽制したハイレベルな演説です。
外務省による公式日本語訳出たのか
素晴らしい演説と思います。
『米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説』【外務省】
安倍首相「太平洋から、インド洋にかけての広い海を、自由で、法の支配が貫徹する平和の海にしなければなりません。そのためにこそ、日米同盟を強くしなくてはなりません。」
→ご一読ください。
/ ぐぇ。「quantum leap = 量子的飛躍」は外務省ソースかい。「長足の進歩」をlong-legsって訳しそうな勢いだな。
気になる話題:
一通り全文読んでから >
安倍総理のアメリカ上・下院での演説の日本語全文です。日本を愛するなら一度は全文を読むべきです。真実は力があり人の心を揺さぶります。確実に歴史的な日になりました。その日を迎えられた事に対して日本国民は安倍総理に感謝しなくてはなりません。
安倍総理の演説の原文って外務省に載ってるのね
TPP反対派と農協の方がーと思ったがそれ以外のノイズが大きすぎたという。
| 外務省
米国連邦議会上下両院会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」(2015年4月29日(米国東部時間))(外務省)   公式・日本語訳出ました
とりあえず、読んでみよっと。 >
すごくいい演説と思うが、報ステやサンモニはどう伝えるか。 >
安倍首相の演説原稿 外務書のwebサイトから
読売の紙面は段落ごとに英語日本語併記してあってうれしかったけど公式にゃ無い物ねだりかな "米国連邦議会上下両院会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」(2015年4月29日(米国東部時間))"
聞いていた通り、非常によい演説でした。「 | 外務省」
まあ、二次情報で評価する前に全文読むくらいはしましょう。
全文(外務省HP)
"アメリカ議会での演説"という意味においてはよく出来てると思いますけどね。
外務省からのものです!>
いいライターが居るみたいだ。日本の官邸もそういった人材を登用するようになったのか/
| 外務省
//「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。」(選挙が終われば…) 「米国と、日本のリーダーシップで、TPPを一緒に成し遂げましょう」
読むべき。素晴らしい!~
昨夜の安倍首相の米議会演説で、アメリカと戦後日本の段で、アジア各国の勃興を述べた際、「台湾」を韓国、アセアン、中国等と並列に扱う!これは凄いことだと思う!
外務省の公式日本語版の演説全文でも同じだな。
" 日本はいま、「クォンタム・リープ(量子的飛躍)」のさなかにあります。
 親愛なる、上院、下院議員の皆様、どうぞ、日本へ来て、改革の精神と速度を取り戻した新しい日本を見てください。"
外務省:米国連邦議会上下両院会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」(2015年4月29日(米国東部時間)) ※TPP「太平洋の市場では、知的財産がフリーライドされてはなりません」
中継ではさすがに見なかったが、全文が掲載。"@MofaJapan_jp:  
安倍総理大臣は,29日,米国連邦議会上下両院会議で演説を行いました。
"
アメリカ合衆国のワシントンD.C.を訪問中の安倍総理大臣は,29日,米国連邦議会上下両院会議で演説を行いました。
ホームページに掲載しましたのでご覧ください。
以上

記事本文: 米国連邦議会上下両院合同会議における安倍総理大臣演説「希望の同盟へ」 | 外務省

関連記事