TOP > 政治・経済 > 第198回国会における河野外務大臣の外交演説 | 外務省

第198回国会における河野外務大臣の外交演説 | 外務省

22コメント 登録日時:2019-01-28 18:38 | www.mofa.go.jpキャッシュ

ツイッターのコメント(22)

@yuyawatase コレ読むと、英語力の問題も大きいみたいですね。
「若手でも英語力などの問題で国連の採用試験に受かる者がほとんどおらず、JPOからの採用しかほぼ道がないため、国連機関に採用される若手の人数はJPO予算に制約されます」
:
国会 河野外務大臣の外交演説より

「外交は、外務省だけ、政府だけで行うものではありません。日本全体の力を使った外交が必要です。無償資金協力や技術協力にもっとNGOの力を活用しなければなりません。いや、活用できるNGOを育てていかなければなりません。」
引用〈日本は、軍事力を背景とした外交を行うことはありません。一方、我が国外交の大きな柱であるODAはピークからほぼ半減しています。知恵と工夫による我が国の「裸の外交力」が試される時代になりました。〉 /
外務省のこと,英語力のことを演説しています
日本は、軍事力を背景とした外交を行うことはありません。~この言葉は力強いし、共感できるのだが、安倍政権全体の米軍追随の姿勢は注視していかなければならない!~
河野外務大臣の外交演説を見てもわかる通り、日本の優先順位は、まずインド太平洋。

その発展と平和は、日本の国益に直結する。

それを軸に、豪州、ASEAN、EU、中東
と共通の価値観を持ち連携していく外交が必要。

むしろ、インド、ASEANを報道しないマスコミが異常。
★「SDGsを達成するためには、毎年2.5兆ドルの資金ギャップを克服しなければならない…が、我が国を始め、先進国の多くは厳しい財政制約に直面しています。そのため、革新的な資金調達メカニズムが必要です」
これは、まぁ良い事ばかり並べてるけど話があっちこっち戻ったりしてやっぱりシンプルに伝える気は無いと思う。

んで、一番やりたいのは要はこれだと思うね。

「国際機関の中でも重要な組織のトップを取る」
@8bit_HORIJUN
「JICAのガバナンスを確立すると同時に、ODAの実施に関してもJICAと競争できる実施主体を養成していきます。」
カンボジア、モザンビークでのODAを思い出しました..変化をしてほしいです。
韓国については外交演説に入っていたか。
「韓国に対しては、日韓請求権・経済協力協定、慰安婦問題に関する日韓合意など、国際的な約束事をしっかりと守ることを強く求めていきます。」
格下げ、いいね。
198回国会 外交演説 河野太郎
北朝鮮以下か…
核兵器国と非核兵器国といった立場の異なる国々の橋渡しに努め、核軍縮・不拡散の現実的かつ実践的な取組を主導します。→
河野外務大臣の外交演説。一通りの形式論を述べた後、自説?を展開。政府4演説の中では圧倒的に面白かった。
・外務大臣の出張効率化
・大使公邸に腕のいい和食料理人
・英語教育改革
・国家公務員をJPOとして派遣
・政治家も国際機関の要職に当てたいので名乗り出て、など
文字原稿出た。
あ。出てたわ。。これだけは見といて後で。

「国連の安保理は、もはや21世紀の現実を反映していません。」

今日は総理の演説より、河野大臣の方が重要やと思うで。
オムレツ演説でした!
いくつか変だな~と思うところが。
まず中盤の、外務省職員の残業時間が深刻で、立法府にもご理解を、ってところ。それ、年頭の、外交演説で言うべきこと?ってか、国会議員に向かって演説してるの?議員の後ろにいる国民に、方針を説明する場でしょ?
………ダメだ。面白すぎる。片っ端から校正したくなる。
This is interesting because Kono seems to step outside his ministerial jurisdiction (into MEXT territory) to advocate drastic English language teaching reform: 英語教育の抜本的な改革は急務です。文科省
本日の河野外相外交演説:
「核兵器のない世界の実現に向け、核兵器不拡散条約の維持・強化や『核軍縮の実質的な進展のための賢人会議』の開催等を通じ、核兵器国と非核兵器国といった立場の異なる国々の橋渡しに努め、核軍縮・不拡散の現実的かつ実践的な取組を主導します」
以上

記事本文: 第198回国会における河野外務大臣の外交演説 | 外務省

いま話題の記事