TOP > 科学・学問 > 5400年前の巨木出土 福島県三島のIORI倶楽部会員 大谷川で発見 | 福島民報

5400年前の巨木出土 福島県三島のIORI倶楽部会員 大谷川で発見 | 福島民報

10コメント 2021-06-05 18:24  福島民報

 福島県三島町大谷の大谷川から、約五千四百年前の縄文時代に倒れたとみられる巨木が発見された。見つけたのは同町のIORI倶楽部の会員で、長さ約一四・五メートル、直径は最大約一・五メートルに及ぶ。倶楽部は...

ツイッターのコメント(10)

「樹木の表面には焼け焦げたような跡も確認されている」「発見場所の近くで約五千四百年前に起きた沼沢火山の噴火(略)の爆風でなぎ倒された樹木である可能性が極めて高いという」  | 福島民報
昔の人なら仏像を彫らせると思うが……丸太のずん切りとは味なきこと。
いや、樹齢はぁ?!(^^;
すごいねえ

福島民報
これは中から何か出てくるヤツ
これは迫力ある.[ 大谷川で発見|福島民報 "長さ約14.5m、直径は最大約1.5m" ]
当時の火山の噴火の爆風で倒木…ってこのサイズが?!凄い…!
樹齢何歳だろう…会津行きたい
すごいしか出ない。
🐶縄文時代に倒れた木らしい…川底の土の中に埋まってて保存状態が良いパターン。宮崎の博物館でもあったなぁ。水分で腐りそうなもんだけどそうでもないんやな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR