TOP > 社会 > 看護師が“感染患者と一般患者を掛け持ち” 第二大阪警察病院 | MBS 関西のニュース

看護師が“感染患者と一般患者を掛け持ち” 第二大阪警察病院 | MBS 関西のニュース

新型コロナウイルスの院内感染が発生している大阪市の第二大阪警察病院で勤務する看護師がMBSの取材に応じ、感染した患者を看護した直後に感染していない患者を看護していたと話しました。...

ツイッターのコメント(14)

勇気ある看護師からの告発。病院の危機管理能力が問われる大事件!医療崩壊は隠蔽で拡がる。現場からの告発が無ければ医療崩壊は加速するに違いない。医療スタッフが倒れてからでは遅い。

第二大阪警察病院|MBS 関西のニュース
普通に行われいますが。何を今更。
大阪は医療崩壊しているからな。こうなるだろう。良いわけはないけどさ。------
看護師が“感染患者と一般患者を掛け持ち”

「コロナの患者さんとコロナに感染していない患者さんも一緒に診ていた。掛け持ちで9人くらいいた。ありえないですよねいいのかなと思いながら」

…陽性の患者とそれ以外の患者を掛け持ちしていた看護師が他にも…
《4月25日までに患者や医療従事者など24人の院内感染が確認され、25日には患者2人が死亡しています。勤務する看護師によりますと、担当していた患者が4月18日に新型コロナウイルスへの感染が判明した後にも、基礎疾患のある一般の患者の看護も行っていた》
ああ・・・。これ、どれくらい広がっているんだろう。
地域的に限定されているんだろうか。
大阪ヤバイわ😣
患者や医療従事者など24人の院内感染。25日には患者2人が死亡。

「コロナの患者さんとコロナに感染していない患者さんも一緒に診ていた。掛け持ちで9人くらいいた。ありえないですよね。いいのかなと思いながら。」(第二大阪警察病院で勤務する看護師)」
えッ👀かけもちがダメだと?知らなかった~😱
こういう出来事が私が今一番恐ろしいと思っていることなんです。医療も介護も必要不可欠だし、ほんと、段々と八方塞がりになっていくな。もう何の病気にもなれない。しっかりしなきゃ、私。
「コロナの患者さんとコロナに感染していない患者さんも一緒に診ていた。掛け持ちで9人くらいいた。ありえないですよね。いいのかなと思いながら。」(第二大阪警察病院で勤務する看護師)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR