TOP > 社会 > “新型コロナ”感染医師は大阪の病院でも発熱後に勤務 府は濃厚接触者について調査 | MBS 関西のニュース

“新型コロナ”感染医師は大阪の病院でも発熱後に勤務 府は濃厚接触者について調査 | MBS 関西のニュース

新型コロナウイルスの院内感染が疑われる和歌山県の病院で最初に感染が判明した医師は、発熱後、大阪府泉南市の病院でも勤務していたことがわかりました。

ツイッターのコメント(12)

これは大阪界隈から和歌山に持ち帰ったか?

MBS 関西のニュース
勤務って…発熱しとるなら休めよ。
医師として意識欠如しすぎ。
というか医師のケアもちゃんとしとらんのだろうよ🤷‍♂️そこから考え直さんとな
チャリで5分、人が集まるイベント等ではもう感染を疑って欲しい。
確実にきてるんやろうけど!
発熱後に出張した会社員といい。
対応を考えないとね。

前の職場で風邪引いた老婆が出勤して風邪うつされて家中風邪引いた事あったけど、普段から心がけないとね。
風邪だろうがインフルだろがコロナだろうが休めない国日本

“新型コロナ”感染医師は大阪の病院でも発熱
後に勤務
日本人はキチガイや。外国人なら勤務せんやろ。
泉南イオンの近くのとこやんここ…この前前通ったわ
こうなって来ると、もう感染は仕方ないとして、そろそろ報道も感染後の対処法や対応病院などの情報流してもらえんもんか
> 発症後の今月6日も、新泉南病院で勤務していたということです。
ちょ、ちょっと!!
先週ここで健康診断受けたとこー!!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR