TOP > その他のニュース > 京大・藤井聡教授が喝破。日本政府によるコロナ対策の「バカさ加減」その3つの根拠 - まぐまぐニュース!

京大・藤井聡教授が喝破。日本政府によるコロナ対策の「バカさ加減」その3つの根拠 - まぐまぐニュース!

新型コロナの新規感染者数が大幅に減ってきた昨今ですが、このまま自粛を続けることで日本経済への影響は日に日に増しているのが現状です。こうした自粛ありきの政府コロナ対策ですが、成果はあったのでしょうか。毎...

ツイッターのコメント(23)

新型コロナ感染者の後遺症治癒解決に厚労省は全力を尽くすべき。
斯くて従来からの藤井聡教授の所論に裏付けが得られた以上、日本は国際的ワクチン争奪戦に巻き込まれることなく、早急に内需の回復・拡大に注力すべきだ(ゼロコロナとワクチン確保を五輪開催を理由に挙げる人がいるが、その主張には重大な矛盾があることに気づけ)
コロナって、大してヤバイものじゃない。その被害のレベルはいつも誰も自粛なんてしていないインフルエンザの被害レベルくらいしかない。
自殺や肺炎の方が圧倒的にヤバイ。
素晴らしい記事👏
自粛の効果は、統計的には確認できないくらい小さい。
感染拡大・縮小のパターンは、気温の変化パターンにおおよそ支配されている。など…………(修士研究成果)
京大・藤井聡教授が喝破。
日本政府によるコロナ対策の「バカさ加減」
その3つの根拠
"もうこれはほとんど、業務上過失致死、というか、
単純な間接殺人をやってるのが今の日本政府なわけで…"
反自粛と反緊縮の根拠がここにきましたね。
バカなのか、確信犯なのか?後者の線もあるのでは?とにかく、アホな対策であることは間違いない。
»
 こういう意見もあるかぁ。コロナは新型も旧型と同じ、気候によって左右されるだけど自粛は無意味。経済を疲弊させるだけと。
  知らんけど。
“自粛したからといって、それでコロナが減る”なんて事も全然言えない。コロナの流行廃りは、毎年の風邪と同じで、寒くなれば流行るそうでなければ収まる。だから、自粛するのは『完全にムダ
藤井教授のおっしゃる通り、普通に考えれば、日本政府はバカとしか言いようがない。が、色々調べると、官邸にもマトモな識者の意見も伝達されているらしい。とすれば、国民ファーストではない、抗えない大きな力が作用している可能性も考えうる。
当たり前過ぎて当たり前。コロナ被害など普通の肺炎などの被害と比べれば、誤差の範囲である。営業自粛が感染拡大に与えた影響など無いに等しい。だが、今さら出鱈目だったと言う訳にはいかない。あとは関係者のメンツだけの問題で、一方的に飲食業界やイベントに皺寄せ。
日本政府によるコロナ対策の「バカさ加減」その3つの根拠


2Fの媚中インバウンド歓迎がそもそも大間違い
ウイルスどんどん持ち込ませて、この一年も楽観視で
ワクチン来てもシリンジ無いとか何してたんじゃボケ💢
何のための一年だったんじゃあアホンダラ💢💢💢
京大・藤井聡教授が喝破👀‼️

日本政府による
コロナ対策の「バカさ加減」

その3つの根拠‼️
購読してないから一部しか読めないけど、某教授って西浦先生のことかな?
戦前から不変の愚行>
藤井教授とあろうお方が、病気の実態に迫らず馬鹿げている。
京大・藤井聡教授が喝破。日本政府によるコロナ対策の「バカさ加減」 “自粛したからといって、それでコロナが減る”なんて事も全然言えない。コロナの流行廃りは、毎年の風邪と同じで、寒くなれば流行るそうでなければ収まる。だから、自粛するのは『完全にムダ』だ。
「自粛させるのがしょうが無いとするなら、せめて政府補償をやるならその自粛の害悪を最小化できるんだけど、日本政府はそれもやらない。もうそれだけでも馬鹿だってことになる」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR