TOP > その他のニュース > コロナ治療の希望の灯「アビガン」を生んだ富士フイルムの奇跡と軌跡 - まぐまぐニュース!

コロナ治療の希望の灯「アビガン」を生んだ富士フイルムの奇跡と軌跡 - まぐまぐニュース!

日本発の新型コロナの治療薬として大きな期待を背負う「アビガン」。その製造販売を担うのは富士フイルム富山化学ですが、なぜ富士フイルムは、カメラ・フィルム製造とはまったく畑違いの医薬品分野へ進出したのでし...

ツイッターのコメント(4)

海外では中国、ロシア、インドなどで、「アビガン」のジェネリック医薬品が新型コロナ感染症の治療に、広く使われている。日本政府では世界80ヶ国以上から要請を受け、「アビガン」の無償供与を始めている。
世界80ヶ国以上から要請❗❗😅
日本国民の命は???😡
ワクチンよりアビガンがいい

🇯🇵コロナ治療の希望の灯「アビガン」を生んだ富士フイルムの奇跡と軌跡:政府は4月に200万人分の「アビガン」備蓄を決定したが、海外からの提供要請にも応えるため、同社は増産体制を整備。
コロナ治療の希望の灯「アビガン」
コロナ治療の希望の灯「アビガン」を生んだ富士フイルムの奇跡と軌跡
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR