TOP > その他のニュース > 感染者数とともに「検査数も減」の不可解。都専門家会議が鳴らした警鐘 - まぐまぐニュース!

感染者数とともに「検査数も減」の不可解。都専門家会議が鳴らした警鐘 - まぐまぐニュース!

緊急事態宣言下の東京都で、新規の感染者数の減少に比例するように減っているのがPCR検査の数。東京都医師会の猪口副会長がこれを問題視し、1日3万7千件の検査能力を戦略的に用いるべきと声を上げました。今回...

ツイッターのコメント(4)

マスコミは発表された数字を流すだけでなく、素朴な疑問としてぶつけて欲しいよな。
「今年1月上旬、検査数は1万8千件を超えていたが、感染者数の減少と共に検査数も減り、最近は1万件を下回る日も多い。都の検査能力は1日に3万7千件。専門家は「高リスク集団への集中的な検査など「必要」
感染者数と共に「検査数も減」の不可解。都専門家会議が鳴らした警鐘 1月上旬、検査数は1万8千件を超えていたが、感染者数の減少と共に検査数も減り、最近は1万件を下回る日も多い。都の検査能力は1日3万7千件。専門家は「検査能力を有効活用した戦略が必要」と指摘していた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR