TOP > その他のニュース > 松本人志の笑えぬ劣化ぶり。「正統派」論争の裏にテレビは偉いという時代錯誤 - まぐまぐニュース!

松本人志の笑えぬ劣化ぶり。「正統派」論争の裏にテレビは偉いという時代錯誤 - まぐまぐニュース!

コロナの危険性を訴え、視聴者に「自粛」を呼びかけながらも、年末年始は例年どおり脳天気な「お笑い番組」を放送していたテレビ各局。なぜテレビ業界はこのような矛盾を抱えているのでしょうか? メルマガ『テレビ...

ツイッターのコメント(13)

「テレビに出る医者」を信じると寿命が縮む
読みながら何度も納得してしまった。
かつて、北大病院に関東や関西からも患者が押しかける外科医がいた。
その先生が一度だけテレビに出た。
その感想が、「テレビなんかに出てたら手術する時間がなくなる」「時間の無駄」だった。
芸人の鮮度や劣化、評価はメディアじゃなく大衆が決める。

でも、芸人さんにも、視聴者を笑わせてあげたんだから…目線の慇懃さを捨てて、心から『多くの国民の皆さまに見て戴きました。ありがとうございます』ぐらいの謙虚さと、それを言葉にする熟練さが欲しい。#松本人志
寄席が良いテレビが悪いも自分が選択する好みの問題
誰かをクズとわざわざ公で言う必要はあるのか?
テレビはずっとコロナ特集すべきって世の中さらに暗くなる
希望を与えるのもテレビで、あなたは希望与えられないから需要ないのでは?
話聞くだけで見たくない印象が事実
露骨な売名はちょっと
つまらないのはひな壇「芸人」じゃなくて、「ひな壇」番組のほうだと思うぞ……。おもしろい芸人さんがひな壇でもおもしろいかはまた別だと思われ。
昔は笑えたのに。。年齢と共に笑えなくなってきたと思っていましたが。。芸を重ねてきた人のは年齢に関係なくみんな笑えてますね。
〉視聴者に「自粛」を呼びかけながらも、年末年始は例年どおり脳天気な「お笑い番組」を放送していたテレビ各局。

→は?何の矛盾も無いが?自粛してお笑い観るんだからいいでしょ。
>今ほど、テレビに権威がなかった時代は、NHKに出て、朝日に取材を受け、岩波で本を出すのが「一流」の学者の証明のようになっていた。

内容は見出しと異なり学者(研究者)の評価です。

松本人志の笑えぬ劣化ぶり。
この記事はヒドい。
松本人志の話より、まあとにかくテレビは酷いって話。

「『正統派というのは、多少は芸がうまいが、イマイチいけてないお笑い芸人のことを指す言葉でしょ』みたいな発言をした。
 彼のいうイケているというのは、テレビにしょっちゅう出るとか、若い奴に受けるということだろう。」

論理が飛躍しすぎ。
劣化じゃなくて元々
東京進出前お笑いスター誕生初出場の時から一度も面白いと思った事は無い
それにもう20年近く前から今に至るまでずっと後輩とスタッフの忖度笑いだけの裸の王様だろ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR