2021年は「AIに仕事を奪われる」最初の年になる。人間超え人工知能の実力と10年後の未来を世界的エンジニアが大胆予測 - まぐまぐニュース!

人工知能(AI)を搭載したロボットなどの登場で、私たちの生活はより豊かになっていくと言われています。しかしその一方で、現存する多くの仕事がAIに奪われてしまうとの懸念も。私たちはどのように人工知能と共...

ツイッターのコメント(11)

近いうちにAIがノーベル賞を受賞したりして😲
今後、あらゆる業界で、経営者は「人を使い続けるのか、人工知能で置き換えるのか」という選択を迫られるようになります★|次の10年でAIが生み出す「究極の企業体」とは?世界的エンジニアが超格差・大失業時代の到来を確信する理由
明日からの子ども達との毎日を
どう過ごすことが最善なのか
色々考えてしまう。
これはほんとそう。だから終身雇用とDXはまことに相性が悪い。

”最近、日本ではデジタル・トランスフォーメーションという言葉が流行していますが、デジタル・トランスフォーメーションの仕上げは「人工知能やロボットによる人の置き換え」なのです。”
AIに仕事を奪われるのは「AIの仕組みを知らない」人だけです。
AIを作る側の人間の仕事は、むしろ増えていきます。

「AI人材になる」ためのロードマップは僕のブログからどうぞ。無
無料です。
来るなら一気に来てベーシックインカムが実現してほしい感ある
AIに奪われるとか競争したがる発想そのものが低レベル。AIはツールであって、それで何を生み出すかを競う時代になりそれができる人が勝者になる >
ンモーいつもそうやって人工知能を過大評価するんだからー
AI関係ない仕事なんて幾らでもあるしー
仮に仕事を奪われたとしても社会のセーフティネットが機能すれば問題無いしー
そうやって不安を煽るような記事はデータサイエンティストへの偏見にも繋がるから止めてね?
当然の成り行き😎
極限まで高められた生産性により、ベーカムが実施される👛

「経営者と一部のエリートだけが創造的な仕事をし、全ての定型業務を人工知能やロボットに任せることにより、【従業員一人当たりの生産性】を極端にまで高めた企業体」
GTP-3は大量記憶装置だから汎用人工知能ではないと思います
以上
 
PR