TOP > その他のニュース > 平気で嘘つく狡猾さと驚くべき度胸。小池百合子という虚飾の女帝 - まぐまぐニュース!

平気で嘘つく狡猾さと驚くべき度胸。小池百合子という虚飾の女帝 - まぐまぐニュース!

都知事選歴代2位となる約366万票を得て、他を寄せ付けない強さで再選を果たした小池百合子氏。なぜ小池氏はここまでの圧勝を飾ることができたのでしょうか。その理由を「都民の熱烈な支持を集めたからではない」とするのは、元全国紙…...

ツイッターのコメント(13)

読んだ方がいいです。
新恭氏『平気で嘘つく狡猾さと驚くべき度胸。小池百合子という虚飾の女帝』
この記事を読んでいたら桜井氏に入れていた人が多かったのかなぁ?小池は無いわ(笑)
どれだけ都民税がバラ撒かれたのか分からない!
新恭 「平気で嘘つく狡猾さと驚くべき度胸。小池百合子という虚飾の女帝」
まともな都知事候補は居なかったのか
小池=エジプト、小池=二階=親中・・・ 「平気で嘘をつく政治家たちのオンパレード
#横山ふみ子さんを鹿児島県知事にしよう
「自分が他人からどう見えるかを、状況や環境の変化に応じて想像できる能力の持ち主が、小池百合子という政治家だ。今回の選挙戦略は、ひたすらコロナ対策にまい進する知事を演じ切ることだった。」
都知事選歴代2位となる約366万票を得て、他を寄せ付けない強さで再選を果たした小池百合子氏。なぜ小池氏はここまでの圧勝を飾ることができたのでしょうか。
騙されて♪騙されて♪あゝ東京都♪➡
彼女はオリンピックにこだわり、自分が再選を果たせるかだけを気にし、新型コロナウイルスを軽視した。東京都が備蓄する防護服約30万着を、自民党の二階幹事長の指示のもと、中国に寄付した。しかも、決裁の手順を無視し、記録を正確に残さぬ形で。
M.サッチャーに憧れているのをその本で書かれていたがなるほどよくわかる。彼女も当時東側陣営(ソ連)から、鉄の女と呼ばれ利用した。
小池氏も批判本を、狡猾に利用した可能性があるし、女帝という名の戴きも満更ではないのだろう。ただ政治手腕や実績は、天と地ほどの差
以上
 

いま話題のニュース

PR