TOP > その他のニュース > 日本の「海水浴離れ」が深刻化。それでも湘南・三浦が賑わう理由 - まぐまぐニュース!

日本の「海水浴離れ」が深刻化。それでも湘南・三浦が賑わう理由 - まぐまぐニュース!

いま、日本全国で海水浴客が激減しています。その数は、ピークだった33年前の2割にも満たないとのデータもあり、猛暑の続く日本の夏から「海水浴」という娯楽が消える日も遠くないのかもしれません。そんな状況にあって、徐々に客足を…...

ツイッターのコメント(23)

そういや海行きたい。今さらだけど、7月中くらいに。
そういえば…何年海に行ってないかなぁ~(^_^;
猛暑の続く日本の夏から「海水浴」という娯楽が消える日も遠くないのかもしれません。★
人口が減ってるんだけど、、、
会社も増収増益みたいに言ってるんだけど人口が、、、
後な、働く人が居なくなるんだからな知らないぞ
「海水浴離れ」って放射能漏れてるんだから当たり前だろ。
原発汚染水垂れ流しの海で、海水浴は自殺行為。 「日本全国で海水浴客が激減。その数は、ピークだった33年前の2割にも満たない」「(その背景に)東日本大震災の原発事故による海洋汚染の懸念など」
ボクが通っていたのは30年前の辻堂海水浴場だったが、海の家とかあまり無かった覚えが。色々とあったんだね。
キマグレン大好きだし、神奈川も大好きだから、三方良しな発展になることを願う。
深刻な問題にしたがらなくても、日本人はよくお風呂入ってるからだいじょうぶだよww努力しない産業に税金流しても、実は政府も得しないでしょ:
日本の「海水浴離れ」が深刻化。それでも湘南・三浦が賑わう理由(New!!) : 

いま、日本全国で海水浴客が激減しています。その数は、ピークだった33年前の2割にも満たないとのデータもあり、猛暑の続く日本の…
この記事だけでは「何故離れたのか?」が分からない。病源を調べず薬を処方する様なもの。
いろいろと知ること多くて面白い…音霊やサマー&アイドルについても書かれている⛱

- まぐまぐニュース!
「海の家がクラブ化した背景には、この頃六本木や西麻布の飲食店の営業で顧客を躍らせていた違法クラブが次々と摘発され、顧客が海の家に移ってきていた事情があった」
全ての吹き出し口を押さえると、どっかから漏れ出て来るのよ…。だから全部ユルめよ!その方が安全だって!
まぁ、海に何しに来てるかの解があればってことだよね。
だって、刺青だらけで喧嘩っぱやいパリピだかりなんですもの。

安心して遊べないわ。

っていうか、目の前で急にリアルバウトしないでほしい( ノД`)…
特に三浦海岸は東京に近い立地を活かして、関東で最長の9月31日まで海開きを行い<記事にコメントできないのが歯がゆい>
一時期夏の湘南がパリピの巣窟になってたけど、いつの間にか規制されてたんか…。キマグレンの落とし物が
家人は、「汚い(口が悪い…)プールより海がいい」と毎年海に行っておるが。
東電福島原発放射能事故が、日本をどれだけめちゃくちゃにしたか忘れない。
今も苦しんでる人たちがいることを忘れない。
大企業と政府の癒着や責任をおざなりにしない。
海水浴って昭和の40年代くらいのレジャーなイメージ。
いろんな変化が起こっているものですね。
そういえば、自分も海水浴なんで20年以上行っていないけど(^^)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR