TOP > その他のニュース > 「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司 | マネーボイス

「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司 | マネーボイス

「パナマ文書」のリークには、まったく報じられていない裏がありそうだ。これはアメリカ政府の外交政策を実現するために画策された事件である可能性が非常に高い。...

ツイッターのコメント(48)

@ssomurice_round お馴染みのあの人の名前がw
パナマから米国内の租税回避地に資金を集中させる意図や、北朝鮮に打撃を与える意図説が出てる。要検証。→  “これはアメリカ政府の外交政策を実現するために画策された事件である可能性が非常に高い。”
◯ふりかえり ~パナマ文書について1~
そうだったのか、勉強になりました。
「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、パナマ文書リークのNGO、資金源は「カラー革命」「アラブの春」と同一ソロスも=高島康司
「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司: ※パナマ文書関連のよく読まれている人気記事再送
かなり問題の核心に踏み込んだ分析だ。いずれにしても今月10日に内容が公表される。全容があきらかになるのは先になるだろうが。
流出の目的とは?

米国内の租税回避地に資金を移すなら、君の名前をリストから削除してやってもいいぞ、という脅迫。(笑)
抜粋→ 中南米はアメリカの実質的な裏庭と化しており、政治や経済のあらゆる領域でアメリカとの関係がもっとも深い地域(略)今回リークされたリストにはアメリカの政治家や民間人の名前はまったく含まれていない / “「パナマ文書」をリーク…”
パナマ文書 暴露の本当の目的と裏は何か?
なぜ、日本で本質に迫る報道が無いのか。
相当の裏がありそうだな。
→「パナマ文書」をリークした「ICIJ」やその親組織である「CPI」(中略)これはアメリカ政府の外交政策を実現するために画策された事件である可能性が非常に高い。
「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも
リストにはアメリカの政治家や民間人の名前はまったく含まれていない。ICIJはこれから多くの米民間人の名前を公表するとしているが、それには米政治家は含まれていないとして
moneyの問題は結局、moneyで解決するってわけね。資金源が強し。大衆は踊りに踊らされる。/
毎日のようにこの記事見てるけど、これほんとだったら凄いな
すべては恣意的さ〜
| マネーボイス
タックスヘイブンは是非アメリカへ‼️というキャンペーンでしょ💰
"パナマ文書リークのNGO、資金源は「カラー革命」「アラブの春」と同一"
(どうなんでしょ)「ICIJ」の上位組織である「組織犯罪と汚職の報告プロジェクト」は「合衆国国際開発庁(USAID)」(東欧の「カラー革命」を裏で主導した組織)から直接資金の提供を受けている / “「パナマ文書」をリークした米国…”
そうなのだろうか・・これからの展開を注視したい。
ご参考までに!是非。ロシアトゥデイも類似の報道をしていますが、最後の予測は異なりますが。ウィキリークスは全文公開するように声明を出しています。⇨
まあプーチン狙いだろうな。--
租税回避とか抜け穴なんていっぱいあるだろうしいいんだけど、前にロックフェラーの方が「俺らからもっと税金とりなよー」って発言してたのが非常に気になりますね(笑
「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも= 今回「パナマ文書」をリークした「ICIJ」やその親組織である「CPI」の活動資金は、アメリカ政府系NGOを支援していた団体が提供している。
「今回リークされたリストにはアメリカの政治家の名前はまったく含まれていない…」
陰謀説と簡単に片付けられない説。-
まだまだアメリカは強いね
〉実質的にアメリカの政治的な支配地域といってもよい「租税回避地」であるパナマでリークした文書に、米政治家の名前が一切出てこないというのは実に奇妙な話である。
ww恫喝システム
意図的な情報リークと無言の恫喝(俺に盾突く奴は・・・)
めもめも。_φ(・_・
へえ。 / “ | マネーボイス”
: You are at: HOME » ニュース »…
本当に米国政府関係者の名前がないのは謎 /
パナマ文書。やっぱりアメリカの陰謀論へ。来年か再来年、こぞって映画化されるでしょうね。 /
「。。「パナマ文書」をリークした「ICIJ」やその親組織の「CPI」は、米政府の国策機関である可能性が非常に高い。。。アメリカの政治家の名前が一切含まれていないことの説明がつく。。」

「パナマ文書」をリークした米国の狙い。。。
戦争への準備だったら嫌ですね💦
「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司 | マネーボイス (編)リーク元の資金源に米共和党やソロス。これは米国の外交政策の一環だ
ちゃんとwikileaks情報を報道してる
トランプは関係ないやろ
ジョージソロスの財団も関わってるのか。この記事は興味深いわ
いつものパターンということですね。おすすめ。『「パナマ文書」をリークした米国の狙い~資金源に共和党、ソロスも=高島康司』
やはり、米国の関連が出ないのは裏がありそう⁉️
1年も前に手に入れて分析したと言う事で、もちろん都合良く手を加えた箇所もあるだろう。最後の北朝鮮問題への言及が期待。それは次回。
・・・<「カラー革命」や「アラブの春」には多くのアメリカ政府系のNGOが関与。これらは、まさに米政府の国策機関といってよい>★この度の狙いは、プーチンか北朝鮮?
事実や、如何に。
アメリカ政府の外交政策を実現するために画策された事件である可能性が非常に高い。多くの米民間人の名前を公表するとしているが、それには米政治家は含まれていないとして
米国の政治家の名前が載っていないのは何故か? 『アメリカの外交政策を実行するために引き起こされた意図的な事件』/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR