TOP > その他のニュース > 新型コロナ、完治後も他人に感染? 研究が進む新症状「胃腸障害」と8つの変種=高島康司 | マネーボイス

新型コロナ、完治後も他人に感染? 研究が進む新症状「胃腸障害」と8つの変種=高島康司 | マネーボイス

日本では報道されない新型コロナウイルスの情報を紹介したい。症状が消えた後もウイルスが体内に残って感染する可能性と、新たに判明した症状についてだ。...

ツイッターのコメント(27)

また別の論文では、リーキシン・ジー博士とロケッシュ・シャーマ博士が「呼吸器と救急救命のアメリカン・ジャーナル」という医学雑誌では、症状が消えた後もウイルスは体内に1日から8日間残留すると研究報告しています。
クラスターが起きた場所は行かないほうがいい近くに住んでいるだろうから
もう、人類終わりだな!
武漢新型コロナウイル感染完治後、更に二週間は接触を避けなければ再感染源となる怖れが有る様です。
ずっと家で踊ってろとでも・・・・・ #新型コロナウイルス
「症状が消えた後もウイルスは残る」他の感染症でもあるよね。
研究が進む新症状「胃腸障害」と8つの変種 「未査読」の論文を掲載できるオンラインのサイトには、最新の研究論文が多数掲載されている。激しい胃腸障害を持つ患者では敗血症を発症し、これが引き金となり死亡するケースも見られた。
←これは新知見。米と中国の株は別モノだとしたら、どちらが原因と罵り合う米中首脳も反省すべき結果。
ウイルスが回復後も残ってるのは本質は風邪なんだから当然だろう。
つまり一度罹患しないと収まらないのだね?
そりゃ継承・む賞状でも観戦しないほうがいいでしょ
研究が進む新症状「胃腸障害」と8つの変種=高島康司: 「カゼ程度の軽度な症状で自宅で療養し、その後症状が消滅して完治した人々でも、ウイルスはまだ体内に残っている可能性がある」
記事内容
・症状後、2週間は自己隔離すべき
・激しい胃腸障害が感染で重症化の可能性
・8つの異なる新型コロナウイルス株が世界を循環
・比較的に進化が遅い
・変種の間の毒性はほとんど変わらない
・研究所由来ではない
・東アジアと北米やヨーロッパでは異なったタイプ
『 研究が進む新症状「胃腸障害」と8つの変種』

査読前論文情報をほぼ全て真実と仮定して、出元がどうも中共地域絡みのみ…?
逆にどこに中共バイアス掛かったのかわからないのでなんとも言えない。
コウモリ由来なら市場関係無いはずだし。
系統樹のマップを見ると、中国、韓国、日本などの東アジアで蔓延しているウイルスは、武漢で発生した型であるのに対し、ヨーロッパと北米はそれぞれ異なった変種である、ですと。
そうなんだよな〜、
日本には査読と言って、
研究論文をするときに
政府の飼い犬から訂正を受ける。
だから、よりコアな情報は
炙り出されないんだよな。
観測中・・・「症状か消えてからも、1日から8日間、新型コロナウイルスは体内に残留」「症状が消えた後も少なくとも2週間は自己隔離すべき」:『 | マネーボイス』
武漢肺炎ウイルスも進化しているようで、この先が心配です。
インフルエンザもそうだよな
というか、タミフルなりを飲むと2-3日で改善されるけど、一週間出社禁止ってのはそこだよなぁ
カゼ程度の軽度な症状で自宅で療養し、その後症状が消滅して完治した人々でも、ウイルスはまだ体内に残っている可能性があるので、動きまわって濃厚接触すると、ウイルスを撒き散らす
回復してまた陽性になるケースってこれか…
だと終息するまでかなり長引きそう…😰

…症状が消えてからも1日から8日間、新型コロナウイルスは体内に残留していた…
…症状が消えた後も少なくとも2週間は自己隔離…
…症状消滅後すぐに活動すると新たな感染源になる可能性…
新型コロナウイルス(Covid-19)は感染した後、症状が収まっても依存キャリアのままはで、感染原となる事が新たな論文に記載されているようです
これから日本でも新型コロナウイルスの回復者が新たな感染源になるというケースも増えるのかもしれない。ぜひ注意してほしい。
まぐまぐニュースから ⇒
研究が進む新症状「胃腸障害」と8つの変種
症状が消えた後もウイルスは残る
重症化のもうひとつの症状「胃腸障害」
そう。あり得ます。ですから移動禁止とすべき。無症状であっても汚染地域からは。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR