TOP > その他のニュース > ベネッセ、文科省と蜜月関係か。英語民間試験「TOEIC不参加」の理由で見えた不平等=らぽーる・マガジン | マネーボイス

ベネッセ、文科省と蜜月関係か。英語民間試験「TOEIC不参加」の理由で見えた不平等=らぽーる・マガジン | マネーボイス

大学入試「英語民間試験」の導入はいったん延期となりましたが、ほか教科でも問題は山積みです。そもそも日本教育と受験生のことを考えた改革なのでしょうか?...

ツイッターのコメント(15)

>ベネッセと下村博文元文部科学大臣の密接な関係

・事業者の利益相反
・受験機会の不平等
・適正な評価ができる状態にない
【学生必読】学生諸君が政治経済に関心を持つきっかけとなることを祈る。
ベネッセ、文科省と蜜月関係か。英語民間試験「TOEIC不参加」の理由で見えた不平等 下村博文元文部科学大臣との密接な関係を伝えています。今回の改革はひと言でいうと「入試の民営化」だ、その先にあるのが「教育の民営化」
教育で
汚い商売しないでほしいね
クソ企業
ベネッセ文科省と蜜月関係か。英語民間試験「TOEIC不参加」の理由で見えた不平等=らぽーる・マガジン  実施団体の一つであるベネッセの関連法人に旧文部省文部科学省から2人が再就職していたことが明らかに出典:英語試験法人に天下り旧文部省次官ら2人 中日新聞19年11月7日
大学は民間利用でなく自前でする方がいいのではないでしょうか?
ベネッセの関連法人に旧文部省、文部科学省から2人が再就職していた。
ベネッセと下村博文元文部科学大臣密接な関係
自民党で下村博文の利権潰しをやった人がいるってことかな。
ベネッセ、文科省と蜜月関係か。英語民間試験「TOEIC不参加」の理由で見えた不平等

“英語を話せる教育を学校現場に導入しようという議論に賛成の人は総じて英語が苦手で、反対の人は総じて英語が上手い……なんてことが、皮肉を込めて語られているようです。”

まさに…笑
Quoカード500円だったなぁ〜で、未だに勧誘があるのはやめて欲しい>3500万件の個人情報漏れが発生>>
受験者の不平等から参加見送りを表明したTOEICの好感度が上がるだけ

個人的には
・グローバル化向上ならTOEFL
・受験の公平性の担保なら現行のセンター試験

他の検定試験はスピーキングというグローバル化の目的を鑑みたときに全く機能しないものだと思う ただのビジネス
この問題の本質は、安倍の威を借る下村とベネッセ、そして文科省官僚どもがグルになって入試を「民営化」して食い物にしようとした大疑獄事件そのものだろう。★
なんでも金の成る木にしてしまう
ベネッセ、文科省と蜜月関係か。英語民間試験「TOEIC不参加」の理由で見えた不平等=らぽーる・マガジン: 大学入試改革「新テスト」はまさに「入試の民営化」、いったい誰のために導入されるのか?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR