TOP > その他のニュース > 日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介 | マネーボイス

日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介 | マネーボイス

日本郵政が上場前に買収した豪子会社を減損処理し、4000億円の特別損失を計上すると発表しました。しかしこの買収は「金額ありき」で進められたもので、減損は既定路線でした。...

ツイッターのコメント(28)

日本郵政の不祥事やサービス低下は、これにも原因あるとおもうが…
経営者がクソだから末端に無理なノルマを押し付け、その結果としての書類偽造とかではないの? 考え方が短絡的すぎる?
@Sankei_news @4ot95SaMsnuSFuG こんな莫大な失敗しといて
責任もとらずに末端の労働者に負担を押し付ける

日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク
2017年4月27日
マジか!“日本郵政は政府が株式の1/3超を保有しなければならないため、現行の法律では完全な民間会社になることはありません。” / “ | マネーボイス”
ね、外国投資家にオートマティックに持っていかれることしか出来ないのよね。。。
そして日銀は数字の操作で情報操作
苦境ヤマトは報道されても日本郵便が東芝に次ぐ4千億円減損でも報道されんので余裕あるなと思ってたらこっちが余程危ないと言う話。野村不動産で成長出来るか?
日本郵政が買収した豪の物流子会社・トール社を減損処理し4,000億円の特別損失を計上すると発表。これにより日本郵政は民営化以来初の赤字に転落します。
◇「経常利益に占める割合は2社で約9割に及びます。金融2社の株式を売却してしまったら、日本郵政には利益は残らない」全株売却と言っても無期限だからなぁ…。
西川のおっさんって本当に経営能力あったのか?
( ¯−¯ )ふぅん。
なるほど!→「自動車免許取り立ての若者が、親から多額のお小遣いをもらって高い外車を買い、調子に乗って事故ったようなものです。」
【日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介】
東芝を潰し日本郵政に大損をさせたA級戦犯「西室泰三」ですか。民間の無能な経営者に任せたら国民の財産が喰い潰される。再国営化を断行すべきときだな。
郵政民化前の250兆円は?
日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク  海外企業買収に絡む減損計上は、東芝を筆頭に相次いでいます。トールを買収した時の社長は、東芝出身でした。日本郵政も東芝のように経営危機に陥ってしまうのでしょうか。
「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介
6,000億円の買収は「金額ありき」
「高値づかみ」はあっさり許容されました。今回の減損はある意味既定路線だったと言えるのです。
そもそも国際金融資本家の為の民営化が間違いの元。いっそ再国営化し成長幻想や利益追及や株主配当と縁を切り、人口減少に合わせ事業所統合を行い国内特化がマシ
暗黙でシェア
自動車免許取り立ての若者が、親から多額のお小遣いをもらって高い外車を買い、調子に乗って事故ったようなものです
日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介 | (編)日本郵政株を買ってはいけない!? 東芝とはまったく違う本当の問題とは
(編)日本郵政株を買ってはいけない!? 東芝とはまったく違う本当の問題とは
勝手に赤字を出しておいて,はがき代の20%値上げとか,勝手ですな もともと郵政民営化の必要なんてなかったのに ばかじみん
←まあ妥当な見方だと思う。官僚が経営する企業がうまく行くとは考えられない。
あらゆる既得権益、岩盤障壁(本当は国家の枠組みを守るための岩盤)を破壊する安倍ドリルの威力ですな。
日本郵政は、傘下に主要3子会社を抱える持株会社です。3社とは、日本郵便、ゆうちょ銀行、かんぽ生命です

(MONEY VOICE よりの転載)
日本郵政「4000億円損失」の裏事情と、株を買ってはいけない真のリスク=栫井駿介: 東芝よりもタチが悪い? 日本郵政が抱える「本当の問題」とは
政府関与の残る日本郵政がゆうちょ銀行やかんぽ生命の株式の大半を保有している。これでは事業が前に進まないため、日本郵政は金融2社の株式を放出しなければ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR