TOP > その他のニュース > 日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治 | マネーボイス

日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治 | マネーボイス

本稿では、パナマ文書公開の目的を推理します。南ドイツ新聞にファイルを送信した人物はなぜこの情報を公開したのか?単に正義感からというのはナイーブに過ぎるでしょう。...

ツイッターのコメント(51)

4年前の記事。
『米国が、英国の支配下にあるタックス・ヘイブンの名簿をばらまいて世界に公開したことの目的が「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」であるのは、傍証からではありますが確かなことのように思えます。』うーん
@ssomurice_round パナマ文書は 「きれいなリーク」 で、ヒラリーのメールは 「汚いリーク」 だったのかもですw
拡散重大❗
日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治: 決して正義感からではない、パナマ文書暴露「真の目的」とは[過去の人気記事再送]
おお、こういう見方もあるのか…
日本の富裕層が海外に逃がした金が、米国に流入する構図?

「すなわちパナマ文書の目的とは、「ただ、米国内のタックス・ヘイブンに資金を流入させることだ」と言うのだ。」
日本の株の取引総額は、2016年は、1日2.5兆円くらいです。この売買のうち70%(1.75兆円/日)は、海外からの売買と集計されています。
「米国が英国の支配下にあるタックス・ヘイブンの名簿をばらまいて世界に公開したことの目的が「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」である」
パナマ文書は、米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」。世界のお金が米国内のタックス・ヘイブンにシフト
→パナマ文書は、米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」 目的は、「米国内のタックス・ヘイブンに資金を流入させることだ」:エリスト・ヴォリファ氏
タックス・ヘイブンの名簿を、ばらまいて世界に公開したことの目的が、「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと・・・
マスコミはこの問題を最優先に調べて、報道するべきである。
どこまで事実かわからないけど、こういう情報漏洩によって利する者が居るのは確かだろうね。TPPで思った成果が上げられなかったのもあるのではと邪推。
外交は自国の利益が一番、当たり前のことをしているだけだよね
米国が、英国支配下にあるタックス・ヘイブンの名簿を世界に公開した目的は「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」である…

日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」=吉田繁治
こんなところが事実かなと思ってる
パナマ文書公開は、米国が世界に向かって仕掛けた「戦争」だ

「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」
これは決して「陰謀論」ではなく、かなり理に適った「推論」だろう。★
叩かなきゃいけないのはコッチ👇・・・(´・ω・`)

 日本の上場株のうち、30%(156兆円)のほとんどは、オフショアのタックス・ヘイブンにあることになります
何のためのリークなのかなあ、って疑問だったんだよね。
大きな問題点は、世界のほとんどの大手金融機関が子会社やペーパー・カンパニーを作り、そこに資金を移動して運用していることが明らかになってきたことです。
へえ~、そうなんだ。→
これは、単にタックスヘイブンの問題では無い⁉️資本主義経済の闇だ⁉️或いは資本主義経済の崩壊を、意味しているのかも、知れない⁉️
| マネーボイス
米国が最高額‼️
海外から日本株を売買するのは、ほとんどは、オフショアのタックス・ヘイブンからです。海外投資家の日本株の保有シェアは、日本人個人より大きくなっていて、30%です。30%(156兆円)のほとんどは、オフショアのタックス・ヘイブンにある。
粗大マスゴミの間違いじゃあないの?(嘲)→
なんと興味深い。なるほど…そういう見方か…ぬぬぬ。やはり「1%の連中」の権力闘争でしかないのか。
なるほどですね。金融戦争ですか。。。----
やっと納得できた。目的はこれだったのか。/
そういうこと。不正為替操作・不正商取引・・・
お国が公認してるんだから、たちが悪い。
銀行が高利貸しになってんだからなぁwww
パナマ文書の目的とは、「ただ、米国内のタックス・ヘイブンに資金を流入させることだ」
株価が30%上がれば、投資した1兆円は、1兆3000億円に増えます。「金融面での国防」をも担うペンタゴン(米国防総省
暴露の目的は「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」
米国内にはタックスヘイブンがたくさんある。
>パナマ文書は、米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」でしょう。インターネット時代には、「兵器」も情報化しているのです。 / “ | マネーボイス”
という事で、本当の富裕層の名前は出てないよね(^^;;
日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=米国が世界に向かって仕掛けた「金融情報戦争」吉田繁治
パナマ文書の公開は金融戦争になっていくのだろうか・・・
パナマ文書って出た時からなんかアヤシイって感じてた   日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治
情報を公開した「真の目的」とは…?!=>
日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治 | マネーボイス (編)決して正義感や義憤からではない、パナマ文書暴露「真の目的」とは?
日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー!
決して正義感からではない、パナマ文書暴露「真の目的」は、米国内のタックス・ヘイブンに資金を流入させること。これは、米国が世界各国に向かって仕掛けた金融侵略戦争だ!
現体制を変えて経済効果を向上させるようなプロジェクトを記者やメディアが作れるなら作ればいい、
実効的な方策をFinTechと結び付けて提案できるか否か…
・2014年末に、ある人物が南ドイツ新聞の記者(バスチアン・オベルマイヤー)に暗号化されたチャットを通じ、連絡をつけてきた。
・その人物は、「犯罪を公にしたい」と言ったという。
・実際には顔を合わせず、連絡は、暗号化されたチャット
米国の目的は英国系タックス・ヘイブンのマネーを米国のタックス・ヘイブンに呼び込むことにあるらしい。思惑通りに事が運べば、世界中の富豪はアメリカにノーと言いにくくなるな。
世界に公開したことの目的が、「英国系のタックス・ヘイブンのマネーを、米国のタックス・ヘイブンに呼び込むこと」であるのは、傍証からではありますが確かなことかと★
<「ある人物」は命の危険を冒し、どんな目的で、この情報を公開したのか?単に正義感からというのはナイーブに過ぎる>★命の危険ってことは、犯罪事実がばれるからかい?。
「海外投資家の日本株保有シェアは30%。日本の上場株のうち30%(156兆円)の多くがオフショアのタックス・ヘイブンに。当然この株投資の利益に対する課税はない」
日本の大マスコミが報道しない「パナマ文書」暴露、本当のタブー=吉田繁治: 決して正義感や義憤からではない、パナマ文書暴露「真の目的」とは?
イギリス系タックスヘイブンからアメリカ系タックスヘイブンへ、資産家の資産を誘導するためにアメリカが仕組んだ事件とのこと。
タックスヘイブンはイギリスが発明したらしい。
親玉は米国じゃないか!
米国が今回仕掛けた意味がよくわかった
ただ単に米国内のタックスヘイブンを利用してもらうためか
どこまで腹黒い!!
以上
 

いま話題のニュース

PR