TOP > ネタ・話題 > 粗利脳で生産性UP。儲けの即戦力になれる「できました教育」:書評 | ライフハッカー[日本版]

粗利脳で生産性UP。儲けの即戦力になれる「できました教育」:書評 | ライフハッカー[日本版]

ご存知のとおり日本の企業、とくに中小企業は慢性的な人材不足に悩んでいます。そんな時代のなかで生き残っていくために、企業の社長はどう動けばいいのでしょうか?その答えは、社員全員を「粗利脳」を持った「儲け...

ツイッターのコメント(10)

TVなし生活3453日目。『ありがとう』週間3223日目。(1/29分)『「粗利脳」で生産性アップ。儲けの即戦力になれる「できました教育」とは?』


今日もがんばろ!!ありがとう!!楽しもう~!!
これは大事だけど、大手とかノウハウが溜まってる会社じゃないと難しいんじゃないかなーと。
急成長してる会社には当てはまらないかな。
1. 上司が作業の指示を行う。
2. 部下は作業を終えたら「できました」と報告する。
3. 部下は報告したら「沈黙」して上司の回答を待つ。
4. 上司は「ありがとう」と受け、作業内容をチェックする。
なかでも、2と3が重...
ちょっと気になる…🙄
---
報告の時のちょっとした言い方の違いで、コミュニケーションの展開が変わるのだなと思った。
「ライフハッカー [日本版]」への本日の寄稿は、「『粗利脳』で生産性アップ。儲けの即戦力になれる「できました教育」とは?」
(ライフハッカー[日本版])
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR