TOP > ネタ・話題 > 「GRIT」とは? 成功者に共通するやり抜く力の伸ばし方 | ライフハッカー[日本版]

「GRIT」とは? 成功者に共通するやり抜く力の伸ばし方 | ライフハッカー[日本版]

「GRIT(グリット)」という言葉を聞いたことはありますか? 日本語では「やり抜く力」と訳され、後天的に身につけられるライフスキルです。世界で成功をおさめている、マイケル・ジョーダン、スティーブ・ジョ...

ツイッターのコメント(18)

@ChihiroTezuka だいじょぶです、これ読んで読んだ気になりましょう
世間では「グリット(やり抜く力)」が成功へのキーポイントと言われていて、困難な状況でも何とかする眉村さんを見ていると、アイドルとしても実業家としても成功しそう。
数年前に流行ってた「GRIT」の意味をいまさら知った!

Guts: 度胸
Resilience: 復元力
Initiative: 自発性
Tenacity: 執念

GRITを身につけるには
1. 夢を捨て去る
2. 竹のようにしなやかに
3. 安全な状況から抜け出す
4. 4つのルールを理解する
マナブさん@manabubannai も結局ほとんどの人はブロクをやり抜くことができないと言っていたのを思い出した。

やり抜くというのはある意味才能なのかもと思うが、反面、自分でコントロールできることなのかなとも思う。

1つのことを最低2年は続けないと、結果は出ない。
【GRIT(グリット).........やり抜く力とは】
…一度読んでみて(^ ^)
GRITは、大部分のケースで、親を第一義とした周囲の大人や環境などによって構築されるアイデンティティによるところが大きいと思う。こういう「4つのコツ」的なアプローチはただの私見だけどくだらないと思ってる(´・ω・`)
特に成功はしてないけど、割とこれ。
「GRIT」とは? 成功者に共通するやり抜く力の伸ばし方 | ライフハッカー[日本版]
メンタルと執念が強いだけか・・・度胸と自発性はない。割とこれかと思ったが、全然足りてなんだな。理解。
やり抜く力を育てるために「諦めても良い」という項目があるのがすごく印象的だな
やり抜く力を育てるために「諦める」ってどーゆーことなんだろ
また読みたい本が増えてしまった
読んでないけど、読もうかなぁ / (ライフハッカー[日本版])
(ライフハッカー[日本版])
久々にNewsPicks開いたけど良い記事あって運良かった
★嫌がられるかもしれないが、『NO GRIT, NO GLORY』 だよ。でもそれで格差や不公平の構造に目をつぶるのは間違い。
GritがGutsとResilienceとInitiativeとTenacityの略だなんてダックワースは論文に書いていないですよね?誰かがどこかで作り変えた?もう1冊の本の方?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR