TOP > ネタ・話題 > 書評:信念と自己肯定感を持つ。後悔した時の対処方法 | ライフハッカー[日本版]

書評:信念と自己肯定感を持つ。後悔した時の対処方法 | ライフハッカー[日本版]

きょうご紹介したいのは、『後悔しないコツ──心がいつも前を向く95のことば』(植西 聰著、自由国民社)。これまでに『対人力のコツ』『やる気のコツ』『逆境力のコツ』など「コツ」シリーズを出してきた著者が...

ツイッターのコメント(13)

「後悔というネガティブな感情に心をとらわれている限り、前向きに力強く生きていく意欲がわき上がってくるはずもない」
「自分を否定的に考えるのではなく、『あの時点では、賢い判断だった。正しい行動だった』と肯定的に考えるほうがいい」
絵画の例はまさにこれ。後悔先に立たず。

やんや言っても仕方のないこと。その時決断した自分の判断が最良だと思い、そうでないとしたら、次回のために復習しておくこと。
そして、くよくよ考えないこと。
簡単なようで難しいと捉えがち。
認めなかったり、否定するのはよくないですね。

次の成功のため、1度は反省するのもいいけど、それは後悔とは違う。

やったことは肯定する。そして次の行動に活かす。

失敗は成功へのステップ。

後悔は思考を停止させる。
悪いことは誰にでも起きる。そこから何を学べるかで、それが後悔になるのかならないかが決まる。 / その時点では最善だった。自己肯定感を高めて「後悔」はプラスに転化する (ライフハッカー[日本版])
その気になれば、どんな経験も活かせる。

失敗したことを、そうじゃないと無理やり思う必要はない。ただ、ほんの少し見方を変えてみる。そうすれば何か学べる。

経験は捉え方次第です。失敗した瞬間から先の未来を楽し...
考え抜いてから行動しろって意味かな?と思って読んだら違った。
何かあった場合に、過去の選択を(半ば無理やり)正当化するってことね。

> 「自分の判断は正しく、別の選択の余地はなかった」と考えることで、後悔を吹っ切れるわけです。
弊社好評書籍『#後悔しないコツ』がライフハッカーにて掲載されました!!是非ご覧ください(=^・^=)
「ライフハッカー [日本盤]」への本日の寄稿は、「その時点では最善だった。自己肯定感を高めて『後悔』はプラスに転化する」
これほんとそう!そのときにはベストなことをしたので、後悔する必要はない。

『「あのとき、私は最善のことをしたのだ」「あの状況下では、あれが正しい判断だった」というように肯定的にとらえなおすことができれば、自分を否定することもなくなる』

後悔した時の対処方法
その時点では最善だった。自己肯定感を高めて「後悔」はプラスに転化する :lifehacker
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR