アドレスホッパーは固定費削減の究極形か?マットさんの暮らし方 | ライフハッカー[日本版]

45コメント 登録日時:2019-03-14 22:41 | ライフハッカー日本版キャッシュ

固定費の削減といえば、暮らしのなかのひとつのテーマとしていつも存在します。月々のスマホ代やサブスクリプションサービスを定期的に見直しているなんて人も多いでしょう。そのなかでも最大の固定費といえば、家賃や住宅ローンといった「住む場所のために払...

Twitterのコメント(45)

こういう生活も楽しそう/ アドレスホッパーという暮らし方は家の概念を変える、のか? |
✅家を持たないことで本当に大切なものだけを持つようになる

✅ネットワーク(モバイルインフラ、人とのつながり)を活かした生き方

家の概念が変わる。「」という暮らし方
「仕事をする」の部分がなければ理想的。つまりただ旅してたいだけ。
こういう生き方好きだね。
「仕事を“仕事”と思ってないですし、やらされてる感もない」

「月曜が憂鬱だったり金曜がハイテンションだったりということもない」

こういうのが全然違う。
二極化するときにどちらを選ぶかはけっこう大切そう。
おもしろいな〜。素朴な疑問、寝るところのお金はいくらくらいかかるんだろうか。 >>
「アドレスホッパー」とか言って実家に私物を置き、(おそらく郵便物や住民登録も実家に頼ってるなら)それは結局家にあまり帰らない実家住まいなんじゃないだろうか。
極限まで持ち物減らしてこういう生き方してみたい。
マツコ会議はアドレスホッパー会の重鎮が全員集まってるんだな。素晴らしいキャスティング。
アドレスホッパーという暮らし方は家の概念を変える、のか? |
アドレスホッパーか。おもろいやん。
先日撮影した「アドレスホッパー」がマツコデラックスの番組に出ているそうですよ。マツコ会議?という番組。
こーゆー考え方ありがたい。
我が家もプライベートでは2人息子がいるんだけど、悪いけど実家はなし。
住むところが点々と変わるという点ではノマドとも違うのかなと思うんだけど、住民税とかどうするんだろ。
これ、楽しそうだな。私は人間の脳って案外単純で環境変えると考え方や物の見方がガラリと変わると思っているので。
場を固定しないことにも意外と費用が掛かったりするんですよね。いろんな人と住めるのは魅力的なので面白そう。
毎回毎回独身の若者ばかり。それ以外でアドレスホッパーが出てきたらライフスタイルとして根付くかも。>
家庭持ちの俺にはアドレスホッパー無理。
理想は田舎のハイテク一軒家と都心のボロアパートの2拠点生活。
こんな生き方もありかな^ ^
ベドウィン的な感じだね。良いかも。
ここ辺りこれからしっかり考えとこう、メモ/
他拠点生活をすると、空き家も活用され、家の概念は大いに変わるのは間違いないね。
行政も早くから注目するべき。
昔ながらの考えでいる人は、アドレスホッパーに対し、「いつも家におらず、ぷらぷらして、どこをほっつき歩いてるんだよ?」と言うギャップが生まれるね。
日本赤軍の「国際根拠地論」みたいな…
”家をなくしたんじゃなくて、家を増やしたんだという考えから“超多拠点生活”って呼んでたんですけど、それって同時に“無拠点生活”であり、まさに地球が拠点という考え方ですよね…何言ってんだコイツって感じですけど(笑)。”
家の概念が変わる。「アドレスホッパー」という暮らし方

ホームスイートホーム。生き方はいくつあったって困りはしないよ。住処や拠点もおんなじだよね。
そしてだいたい楽しすぎて写真が残ってません。
—-
いいなぁ♪私もアドレスホッパーになりたいw
オフラインの重要性はまさに感じてる。いろんな地域の地元の人と実際に触れ合うと関係性が一気に深まる。この方お会いしてみたいなー
Lifehackerさんに取材頂きました!
アドレスホッパーとはトレンドじゃなく、ライフスタイルであり、カルチャー。これからもコミュニティづくりに邁進します!
ある程度読んでみたが(笑)が出てくる都度痛々しい。止まってしまうと死んでしまうサカナみたいなマインドセットで可哀想だなとしか思わなかった。/家の概念が変わる。「アドレスホッパー」という暮らし方
これは…!

こんな風に生きていきたい🙏
日本って住所不定だと雇ってくれない会社多くないですか。。。 "こないだの12月は1カ月ほどSIMなし生活もしていました。あえてオフラインの環境を作りたいと思って。" ですよね。これからは / “ | …”
どうやら自分はアドレスホッパーらしい。

"「アドレスホッパー」は、特定の拠点を持たずに、国内外を移動しながらAirbnbで見つけた部屋やホテル、ホステル、旅館などで暮らしつつ仕事をするライフスタイル。"
興味を持った記事:
取材撮影場所に使ってもらってチラ載りしてます🎥
この記事面白い。概念って言葉好き。
そしてとにかく@bathhaus_club へ行きたいみが強まる。
「家をなくしたんじゃなくて、家を増やしたんだという考えから“超多拠点生活”って呼んでたんですけど、それって同時に“無拠点生活”であり、まさに地球が拠点という考え方ですよね…何言ってんだコイツって感じですけど(笑)。」

言ってること、やってることが壮大(笑)
アドレスポッパーやりたいな。
憧れるなー

自由な働き方と人からの信頼があるからこそ、場所を気にせず生活できる。

ミニマリストと自由を足したらこんな生き方になりそう😂
うーん……違和感が残る。。

“「アドレスホッパー」は、特定の拠点を持たずに、国内外を移動しながらAirbnbで見つけた部屋やホテル、ホステル、旅館などで暮らしつつ仕事をするライフスタイル。”
家を持たない、無拠点生活。
行きたいところに行く生活。
リモートワーク、スマートフォン。
それがあるからさせる業。

おもろい人がおるもんや。
アドレスホッパー >
アドレスホッパーは、あえて家を持たずにAirbnbや友人宅、ホテ
:lifehacker
以上

記事本文: アドレスホッパーは固定費削減の究極形か?マットさんの暮らし方 | ライフハッカー[日本版]

関連記事